Ad Code

ピックアップ

6/recent/ticker-posts

アヌンナキとは?語源・特徴・神話・陰謀論など簡単に解説!

アヌンナキの画像

アヌンナキという神々をご存知でしょうか?

古代シュメールの文献に登場するこの謎の神々の集団は、数千年前に地球を訪れた地球外生命体であるという説もあり、謎に包まれています。

アヌンナキは古代シュメールの様々な書物に登場し、初期の文明の発展に大きな影響を与えたと考えられています。

彼らの存在については、単純なものから空想的なものまで、多くの説が提唱されています。

今回は、アヌンナキについて、伝説や人類の歴史に与えた影響の可能性を検証しながら、探っていくことにしましょう!

アヌンナキとは?

アヌンナキとは、以下の都市に住んでいた神々です。

彼らは天と地の神であるアヌとキの子孫であり、人々に何が起こるかを決定しました。

アヌンナキの語源

アヌンナキとは、シュメール神話に登場する神々の集団で、人間を創造し、その土地を支配していたと信じられています。

彼らは強力な神々であり、その力を使って人間を助けたり傷つけたりすることができました。

最も古い神々の一人がエンリルで、彼は空気の神であり、すべての神々のリーダーであると信じられていました。

人々画像

エンリルが天と地を分け父のアヌが天を持ち去った

とシュメール人は考えていました。

アヌンナキの特徴

アヌンナキは古代メソポタミアにいた神々で、特別な力を持ち、特別な服を着ていると信じられていました。

以下がアヌンナキの特徴です。

  • 彼らは人間よりも大きい
  • 服には金や銀の装飾が施されていた
  • 角のある帽子をかぶっていた

古代メソポタミアでは、神々は天国に住んでいて、以下のようなものがあったと信じられています。

  • 司祭が世話をする
  • その像を戦場に運ぶための特別な船や戦車
  • 神々が意思決定をするための特別な会議

アヌンナキの神話まとめ

アヌンナキを物語るメソポタミア神話がそれぞれあります。

以下でそれぞれの神話をまとめてみました!

シュメール神話

アヌンナキは古代シュメール文化における重要な神々でした。

彼らは天空の神アン(アヌはシュメールではアンと呼ばれた)の子孫であると信じられており、非常に強力で重要な存在だったのです。

ある物語では、7人のアヌンナキが裁判官となり、誰が有罪か無罪かを決めていました。

そして、「命令を下す7人の神」として知られ

を含んでいました。

彼らは偉大な力を持ち、シュメールの人々を助けました。

また、賛美歌を歌い、人々に何が起こるかを決定することさえありました。

人々画像

多くの神々が異なる都市に住んでいて、それぞれの神がその都市を守る責任がある

と古代シュメール人はそう信じていたのです。

シュメール神話では、異なる神々が以下のような天空の異なる部分と結びついていました。

  • イナンナ金星の女神
  • ウトゥ太陽神
  • ナンナ:月神
  • アン天上全ての星の神
  • エンリル北の空の星の神
  • エンキ南の空の星の神

アッカド神話

アヌンナキとは、古代に冥界に住んでいた神々です。

彼らは数千年前の詩で、

冥界の女王と一緒に水を飲み、黄金の玉座に座るよう求められた

と描写されています。

バビロニア神話

古バビロニア時代には、アヌンナキとイギギの二組の神がいました。

イギギは40日間アヌンナキのために重労働をしなければなりませんでしたが、イギギは反乱を起こし、アヌンナキは人間にその代わりをさせました。

アヌンナキとは、大昔の古代バビロンにいた神々です。

彼らは冥界に住む神と天界に住む神に分かれていました。

  • ダムキナ
  • ネルガル
  • マダーヌ

が冥界の神々であり、最も強力な神はマルドゥクでした。

ギルガメシュ叙事詩』は、大洪水を生き延びたウトナピシュティムの昔話です。

イシュタルとアヌンナキは冥界の裁判官のような存在で、洪水が人々を滅ぼすと悲しみました。

バビロニアの『エヌマ・エリシュ』の中で、マルドゥクは天国と冥界に住む神々であるアヌンナキを創造しました。

※エヌマ・エリシュとは、バビロニア神話の創世記叙事詩です。

アヌンナキはマルドゥクに感謝し、マルドゥクと他の二柱(ふたはしら)の神々のために神殿を造らせました。

※神様は柱(はしら)と数えます。

アヌンナキはまた、神であるネルガルの兄弟として描かれ、人々に意地悪をすることもありました。

アッシリア神話

マルドゥクはアヌンナキと呼ばれる神々の軍を率いて、ニップルの街に洪水を起こしました。

ニップルの神々は神殿に避難しなければなりませんでしたが、その時マルドゥクの使いが別の神ナブーに警告を発しました。

マルドゥクはエシュメーシャ寺院の神々を倒し、エンリルを含む360人を捕虜として連れて行ったのです。

神々は裁判を行い、ダムキアナ(ニンフルサグの別名)が再び戦争を起こさないように警告しました。

フルリ人とヒッタイト神話

古代フルリとヒッタイトの神話には、若い神々によって冥界に追放されたと信じられている神々がいました。

彼らは女神レルワニによって支配され、アヌンナキと呼ばれていました。

アヌンナキは、人々が約束を守るように条約で誓われた重要な存在でした。

ある物語では、アヌンナキが特別な武器を見つけ、巨人を倒す手助けをしたそうです。

フルリ人とヒッタイト人の古代人は8つの神々を信じていました。

彼らは神々と対話するための特別な儀式を行い、浄化などの助けを求めました。

また、地面の穴に子豚を生け贄として捧げました。

ヒッタイトの物語は、神々とその父親についてのものです。

父神はアヌと呼ばれ、息子のクマルビによって去勢されました。

同じような話で、ギリシャの詩人ヘシオドスは、ウラノスという父神について書いていますが、彼は息子のクロノスに去勢されました。

アヌンナキの陰謀論

アヌンナキが実は宇宙人であったという陰謀論を説いている人達がいます。

どのような人物がどのような内容の陰謀論を唱えているのか?

見て行きましょう!

エーリッヒ・フォン・デニケン

エーリッヒ・フォン・デニケンは、過去に宇宙人が地球を訪れたと信じていることを本に書いています。

学者画像

宇宙人が人々に宗教を信じさせ、古い書物にその話を書いた

と彼は考えたのです。

ゼカリア・シッチン

ゼカリア・シッチンは1976年に『第十二番惑星』という本を書きました。

学者画像

大昔にアヌンナキと呼ばれる異星人が地球に来た

と彼は言いました。

彼らは金を採掘したかったので、特殊な技術を使って人間を作り、それを手伝わせました。

アヌンナキは大洪水で地球を去らねばならなかったので、人間に農業を教え、エイリアンが戻ってきたときに再建を手伝えるようにしたのだそうです。

ロナルド・H・フリッツ

ロナルド・H・フリッツという作家によると、

人々画像

古代のピラミッドやモニュメントはアヌンナキと呼ばれる宇宙人によって建てられた

と考える人もいます。

この考えはシッチンという人が書いた本にも書かれています。

学者画像

宇宙人は2012年に戻ってくる

と彼は考えていました。

しかし、彼の考えは真実ではないと言う人もいます。

デビッド・アイク

学者画像

アヌンナキと呼ばれる爬虫類の宇宙人の秘密集団が世界を支配している

とデビッド・アイクは考えています。

彼はその理論について本を書き、映画も作りました。

この考えは馬鹿げていると思う人もいますが、真実かもしれないと思う人もいます。

Reactions

Ad Code