ネブカドネザル2世とは?バビロン捕囚などの逸話をご紹介!

ネブカドネザル2世のイラスト画像?

ネブカドネザル2世は新バビロニア王国の2代目の王であり、名前の意味は、

ネブカドネザル2世画像

ナブー神(知恵の神)よ、私の最初の息子を守りたまえ

となります。

彼は、荒れ果てたバビロンの復興工事やエルサレムのバビロン捕囚などを行いました。

また、旧約聖書の中でも登場するほどの有名人です。

この王の時代こそが、新バビロニアの最盛期と言えるでしょう。

そんな新バビロニアの歴史についてざっと簡単に知りたい方は、

新バビロニアとは?成立から滅亡までの3つの歴史を解説!

こちらの記事をお読み下さいませ。

山田花子画像

それでは、一体ネブカドネザル2世とはどんな人物だったのでしょうか?

この記事では、

新バビロニア王国の全盛期の王ネブカドネザル2世が行ったこと

について詳しくまとめてみました!

バビロン捕囚までの背景

ナボポラッサルが亡くなり、息子のネブカドネザル2世が新バビロニアの王となりました。

そして、そのすぐ後にエジプトはバビロニアの支配下であったシリア地方パレスチナへの介入を再開しました。

山田花子画像

エジプトとは、ネブカドネザル2世の父ナボポラッサルの時代から仲が悪かったのです!

ネブカドネザル2世は、

ネブカドネザル2世画像

エジプトへ侵入しよう!

としましたが、その試みは失敗に終わり、征服したシリア地方の諸王国で

人々画像

こんな板挟みになってられるかー!!

と各地で反乱が起こりました。

第1回バビロン捕囚

ネブカドネザル2世はすぐにこれらの反乱に対処し、エルサレムを占領します。

そして、南ユダ王国を属国として

ネブカドネザル2世画像

王や多くの住民をバビロンに連行せよ

と命じました。

これが、「第1回バビロン捕囚」です。

その2年後に、ネブカドネザル2世はエジプトを除いた全オリエント(中東)とほぼ同じ領域を支配したのです。

山田花子画像

かつてのアッシリア帝国のように。

そんなオリエント全域を征服した大帝国「アッシリア」の歴史について詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

第2回バビロン捕囚

その後も、エジプトは懲りずに再びパレスチナ地方に侵入します。

属国にされた南ユダ王国もこれに便乗して

人々画像

やってられるか――!!

と再び反乱を起こしました。

それに対して、ネブカドネザル2世は

ネブカドネザル2世画像

やれやれ、またか

とまたもエルサレムを包囲して、翌年には陥落させ神殿とエルサレムを徹底的に破壊しました。

山田花子画像

この結果、ユダ王国は滅亡してしまいます…!

そして、再び捕らえられた多くの捕虜は首都バビロンに連行されました。

これが、「第2回バビロン捕囚」です。

ユダヤ教を生み出すきっかけともなった、この「バビロン捕囚」についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。

バビロン捕囚と旧約聖書

バビロン捕囚については、旧約聖書にもしっかりと書かれています。

歴史書という形で書かれているのは、『列王記』と『歴代誌』です。

この2つの歴史書の内容はほぼ一緒なのですが、ちょっとした違いがあります。

その違いについて詳しく知りたい方は、

『歴代誌』と『列王記』の内容の違いを分かりやすく解説!

こちらの記事をお読み下さい。

実はバビロン捕囚が行われる前に、

おじいちゃん画像

預言者エレミヤが予言していた

と言われています。

そんな預言者エレミヤの予言した内容や彼の波乱万丈な生涯の結末について書かれている『エレミヤ書』についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

他にも、『ダニエル書』ではバビロンへ連行されたユダヤ人たちの物語を、ダニエルを中心に詳細に書かれています。

『ダニエル書』の内容について詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

バビロン捕囚のその後

エルサレムの崩壊後、ネブカドネザルは都市テュロスを13年かけて取り巻いて攻めました。

ですが、完全な勝利を得ることは出来なかったので、

ネブカドネザル2世画像

テュロスが我らバビロニア帝国に服従するんだなぁ

とこれを条件に兵を引いたのです。

テュロスとの講和後、またしてもしつこいですがネブカドネザル2世は、

ネブカドネザル2世画像

再びエジプトへ行くぞ!

エジプトへ赴きましたが、これもまた決着は付いていません。

フェニキアの征服とエジプトへの遠征を終えた後、ネブカドネザル2世は

ネブカドネザル2世画像

バビロンの再建と装飾を行うぞ!

と命じ、他にも運河、水路、寺院、貯水池を整備しました。

ネブカドネザルの建築事業

ネブカドネザル2世と言えば、大規模な建設事業を行ったことで有名です。

バビロン市では何度も反乱が起こったので、破滅的に都市は破壊されていました。

彼は父ナボポラッサルの事業を継承して、

ネブカドネザル2世画像

バビロンを世界屈指の都市に蘇らせてやる!

という大きな目標を持ち、大規模建設に取り組んだのです。

この目標のためか、壮大な建築物には物資を惜しみなく費やしました。

建設事業のまとめ

建設事業の実績を以下にまとめてみると、

  • ユーフラテス川に橋を架ける
  • 地下道の建設
  • 三重の城壁の建設
  • イシュタル門の建設

などを行いました。

ネブカドネザル2世は、建設に使われたレンガなどに自分の名前を刻印させていて、これが現代でも彼の名前を知る手がかりとなっています。

他には、バベルの塔のモデルとなったともされるマルドゥク神殿エサギルのジッグラト跡などが有名です。

匿名画像

バベルの塔って何?

と思った方は、

こちらの記事参考に読んでみて下さい。

どうやって建設した?

ネブカドネザルの建設事業は、首都だけでなく他の都市にも及びました。

これだけ大規模な建設事業です。

山田花子画像

彼はどうやって労働力を調達したのでしょうか?

正解は、

西アジアから連れてこられた奴隷を使った

です。

まだ確証はありませんが、マルドゥク神の大神殿の碑文にその記述があるので、可能性はきわめて高いでしょう。

このように、新バビロニアに関する王碑文はほとんどが建設事業についてです。

ネブカドネザルの政治的な内容は、ほとんど書かれていません。

バビロンの空中庭園伝説

ネブカドネザル2世には、こんな伝説があります。

それは、

学者画像

彼がバビロンの空中庭園を建設したのでは?

というものです。

王妃が故郷を懐かしんで、憂鬱な日々を慰めるために建てられたとされています。

このバビロンの空中庭園伝説は、別記事で詳しくまとめたので、

興味がある方は、ぜひこちらの記事も併せて読んでみて下さいませ。

他にもメソポタミア文明には、まだまだ数多くの歴史があります。

メソポタミア文明の歴史をさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。


参考:『ネブカドネザル2世』・『新バビロニア』・『バビロニア