ラマダーン明けのお祭り『イード・アル=フィトル』とは?

ラマダーン明けのお祭り『イード・アル=フィトル』とは?

イード・アル=フィトルとは、イスラム教の祝日で、ラマダーンの終了を祝う大祭です。

ラマダーン期間中、青年以上のムスリム(イスラム教徒のことを言う)の男女は1ヶ月間断食を行います。ラマダーン月の断食についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

イードはアラビア語で「祝宴」を意味し、フィトルは「断食の終わり」を意味します。

山田花子画像

単純にイードと省略されることも多いです!

イード祭では、ふだん礼拝堂であるモスク(マスジドとも言う)に来てないようなムスリム(イスラム教徒)たちでも参加する事が多くあります。

イード祭により他のムスリムたちと親交を深める事もよくあり、

ムスリム画像

イード・ムバラク!

と言って、みんな断食を終えた後のこの日を祝うのです。

例えば、これはインドのイードを祝う映像です。

ここまで実際は本格的に祝いませんが、イードはこれくらい楽しく祝うお祭りであることは間違いありません。

この記事では、

イード・アル=フィトルについてやその日の前後で行うこと

について詳しくまとめてみました!

イード祭の前のサダカについて

サダカトゥ(ザカートゥ)・ル・フィトゥルとは、ラマダーン月の間にする施しです。

略してサダカザカートは、イスラムで定められた一定額の貯蓄がある人全員の義務です。

一般的に、家長である夫が妻や子供たち全員の分を払います。つまり、どちらもお金の寄付なのですが、

匿名画像

サダカとザカートって、どう違うの?

と思った方もいるでしょう。そんな方は、

イスラム教の喜捨「サダカ」と「ザカート」の違いって何?

こちらの記事も併せてお読み下さい。

サダカによって、アッラー(神)はラマダーン中に犯した人間の過ちを許します。

そして、そのお金は貧しいムスリム(イスラム教徒)たちがみんなと一緒にイードを祝う助けとなるのです。

サダカはラマダーン月の間、少なくともイードのサラート(礼拝)の前までに支払います。金額は

1.633キログラムの小麦か米、あるいは相当額のお金(現代の日本の米約1.5kgの値段は、約1,500~2,000円となります)

です。寄付場所は、貧しいムスリムを自分で捜し与えるか、信頼できるイスラム団体に任せます。

イード・アル・フィトルとは?

ラマダーン月は、

ムスリム画像

お、新月見っけ!

と始まりと同じように新月を見つけることで終わります。

イスラム暦であるヒジュラ暦ラマダーン月29日に新月が見つかれば断食も終わります。

ラマダーンの始まり方や終わり方についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

翌日はたいていのムスリム(イスラム教徒)たちにとっては祝日なので、

ムスリム画像

断食を無事終えたことに、アルハムドゥリッラー(神に感謝します)

と達成感と満足感で彼らは休むことになります。

もし新月が見つからなかった場合、翌日にはまた断食を行います。

ヒジュラ暦の他の月と同じように、ラマダーン月は29日か30日間であり、それ以上になる事はありません。

ちなみに、祝日の前夜も「ライラトゥ・ル ・ジャーイザ」と呼ばれ、価値ある夜です。

なので、意欲のあるムスリム(イスラム教徒)たちは祈りに時を費やすようです。

ラマダーン月の明けた翌日は、イスラームの祝日です。この祝日が「イード・アル=フィトル」です。

この大祭の正確な意味は、断食を終えた事をアッラー(神)に感謝し祝う日となっています。

この日、午前中にムスリム(イスラム教徒)たちは晴れ着を着て広場かモスクに集まり、イードのサラート(礼拝)を捧げます。

晴れ着はイスラム圏の国々によって様々です。例えば、

イード祭の時のムスリム(インドネシア)の晴れ着

インドネシアやマレーシアのムスリム女性は、このような衣装を着ます。

その後、家族や友達を訪問したり、食事をしたりして幸せのひとときを過ごすのです。

イードの時のサラート(礼拝)

イードのサラート(礼拝)は朝早くに行なわれます。

山田花子画像

大体、朝8~10時頃です!

広場か大きなモスクで行われるので、場所が遠い人はそれよりも早起きしなければいけません。

ムスリムは晴れ着を着て広場に集まり、集団でイードのサラート(礼拝)を行ないます。

イードのサラー卜2ラカーで、普段のサラートのやり方に加えて6回のタクビール(「アッラーフアクバル」と唱えること)を唱えます。

イスラム教のサラートのやり方についてさらに詳しく知りたい方は、

イスラムの『サラート』のやり方【礼拝方法のイラスト付き】

こちらの記事をお読み下さい。

また、ラマダーンの断食期間中のサラートについても詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

イードのサラートが終了した後は、イマーム(イスラム教の指導者)の説教があり、その後ムスリムたちは休日を過ごすのです。

イード祭では、ムスリム(イスラム教徒)同士でよく食事を家や外で一緒に食べます。

この日は、友達や家族と共に幸せなひと時を過ごすムスリムが多いのです。

イード祭だけでなく、断食期間中も断食明けにわりとムスリム同士で一緒に食事をします。この断食明けの食事を「イフタール」と言います。

イフタールについてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

シャウワール月の任意の断食

ラマダーン月の翌月を「シャウワール月」と言います。この月に、6日間の任意の断食をすることは、

ムスリム画像

あたかも一年を通じて断食するような報奨がある

と言われています。イードの日に断食をすることは許されないので、その翌日からシャウワール月中であれば、自由に6日間のサウムをすることができます。

イスラム教における断食を行う上で、知っておくべき禁止事項や例外についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。


参考:イド・アル=フィトルイスラーム アキーダとイバーダ