バビロン捕囚とは?イスラエル人にとっての歴史的意義を解説

バビロン捕囚はなぜ行われたのか?理由を分かりやすく解説!

バビロン捕囚(ほしゅう)とは、新バビロニアの王ネブカドネザル2世により南ユダ王国のユダヤ人たちをバビロニア地方へ捕虜として連行し、移住させた事件のことです。

匿名画像

南ユダ王国?正直、イスラエルの歴史よくわかんない…

という方は、バビロン捕囚を行うまでの古代イスラエルの歴史をまとめた記事があるので、

まずは先にこちらの記事を読んでみて下さい。

古代オリエント(現在の中東やエジプト)社会では、こういった強制移住はよく見られました。

山田花子画像

バビロン捕囚は何もユダヤ人だけではなく、ペルシア人、エジプト人、ギリシア人なども集められていたようです!

この記事では、

強制移住政策であるバビロン捕囚が行われた理由からユダヤ教誕生までの歴史

について詳しくまとめてみました!

バビロン捕囚の簡単なあらすじ

南ユダ王国の首都はエルサレムでした。

新バビロニアの王ネブカドネザル2世は、そのエルサレムの地を征服しました。

ネブカドネザル2世のエルサレム占領からバビロン捕囚までの歴史についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

そして、生き残った人々をバビロンに強制移住させ、捕虜にしました。

山田花子画像

このバビロン捕囚、実は1回だけでなく3回も行われています!

さらに、島流しにあったユダヤ人たちはその後に、アケメネス朝ペルシアの初代王キュロス2世によって解放されるのです。

また、キュロス2世は宗教に寛容でした。なので、

メソポタミア(バビロニア)の王様画像

エルサレムで神殿を建て直して良いよ

とユダヤ人たちにエルサレム神殿の再建を許されます。

そんなユダヤ人たちにとっては恩人であるキュロス2世についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

楽観視していたバビロン捕囚

ユダヤ人の捕虜とされた人々の大半は、かつてアッシリア人の要塞があったバビロニアの地域に移住させられました。

新バビロニアによる戦いによって、地は荒れ果て人々の影は少なかったのでしょう。

学者画像

その土地に、人口を補うためにユダヤ人を移住させた

と考えられています。

一方で、職人などはバビロン市に移住させられました。

新バビロニアの王ネブカドネザル2世が熱心に行っていた建設事業に携わせるためです。

最初の内はユダヤ人たちも、

人々画像

まぁ、バビロニアの強制移住は一時的なもんだろ

と思ってたようです。

この時代は、王国が起こっては滅びての時代でしたからね。

人々画像

どうせ新バビロニアもすぐ滅亡するっしょ

と思ってたのでしょう。

そして、すぐに母国へ帰れると楽観視してたのです。

しかし、ユダヤ人のエレミヤエゼキエルという預言者たちはそう考えてはいませんでした。

彼らは

おじいちゃん画像

エルサレムの神殿の破壊が近いがね!

と何度も警告を与えていたそうです。

そんな警告も虚しく、他の救いの預言者と呼ばれた人たちは

匿名画像

大丈夫っしょ~♪

と楽観論をあちこちに言いふらしました。

結果として、ユダヤの民は滅びの預言に耳を傾けることはなかったのです。

しかし、2回目のバビロン捕囚の時。

なんと本当にエルサレム神殿が破壊されてしまいます。

人々画像

えっ?!本当に壊されちゃったよ…。こりゃ状況を楽観視してる場合じゃねぇ

とこれをきっかけに、ユダヤ人の捕囚民たちの目が覚めるのです。

バビロニア文化に影響を受ける

人々画像

すぐ母国に帰れる

というユダヤ人の夢。

それは、いとも簡単に破れてしまいました。

そして、長期に渡ってバビロニアに住むことになったユダヤ人たちは、バビロニア文化の影響をもろ受けます。

そのバビロニア文化の影響をまとめてみると、

  • ユダヤの民からバビロニア風の名前を持つ者が現れる
  • ユダヤ月名からバビロニア月名への採用
  • へブル文字からアラム文字への変更
  • 文学にもバビロニア文学の影響

というような影響が見られるようになって行きました。

ついに「ユダヤ教」が生まれる

ユダヤ人たちにとって、バビロニアの社会や宗教は圧倒的でした。

そこで、

人々画像

我々ユダヤ人としての民族のあり方って何だろう?

と考えさせられたのです。

山田花子画像

色々と思い悩み葛藤したのでしょう。

そういった思い悩みが、彼らの宗教的な繋がりを強めました。

ユダヤ人にとって、エルサレムの神殿は大きな存在だったのだと思います。

神殿を失った後、心の拠り所を「律法」とするようになります。

この時から、神殿だけでなく律法を重んじる宗教としての「ユダヤ教」が誕生するのです。

また、この時期に

人々画像

ヤハウェ(神)とは何か?

と神について考え直します。

ヤハウェを

人々画像

ユダヤ民族の神である

と考えていたのですが、この時から

人々画像

ヤハウェはこの世界を創造した唯一の神だ!

と理解するようになって行きました。

そんなユダヤ人たちが理解したヤハウェについてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

バビロニア神話の世界観を見たからでしょうか。

山田花子画像

バビロニアに対して、かなり対抗意識があったようですね…!

ちなみに、バビロニアで信仰されていたバビロニア神話を含む「メソポタミア神話」についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

こういったユダヤ人による宗教への意識は、その後のローマ帝国以降でも残ります。

つまり、イスラエル民族としてのアイデンティティはバビロン捕囚をきっかけに確立され、その後も失われなかったのです。

バビロン捕囚は、メソポタミア文明とイスラエル王国の歴史どちらにも影響を与えた重要な出来事です。

メソポタミア文明の歴史について詳しく知りたい方は、

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。


参考:『バビロン捕囚