Ad Code

ピックアップ

6/recent/ticker-posts

『イザヤ書』の内容とは?預言者イザヤのあらすじを解説!

『イザヤ書』の内容とは?預言者イザヤのあらすじを解説!

『イザヤ書』とは、旧約聖書の一書のことを言います。

エレミヤ書』や『エゼキエル書』を併せた三大預言書の1つでもあります。

他の2つの書についてさらに詳しく知りたい方は、

これらの記事をお読み下さい。

聖書の内容としては、紀元前8世紀預言者イザヤについて書かれており、全部で66章からなります。

そんなイザヤ書の内容とは一体どんなものなのでしょうか?

『イザヤ書』の内容とは?

高等批評(文書の起源の批判的調査)を受け入れる学者の中には、

1~39章 第1イザヤ
40章以下 第2イザヤ
56章以下 第3イザヤ

とする説があります。

一方、死海文書の発見を基本にして、

学者画像

『イザヤ書』が1巻の巻物として統一されていたので、この後半も紀元前8世紀のイザヤのものだろう

とする学者もいます。

高等批評では、他のほとんどの預言書がそうであるように、

学者画像

預言者によって語られた言葉が弟子たちによってまず口承で受け継がれ、その後に文書化されて複雑な編集過程を経た

と考えているので、

学者画像

構成も単純ではない

とされています。

第1イザヤ書(1~39章)

預言者イザヤが繰り返し

神様画像

アモツの子

と呼ばれているので、教父アウグスティヌスはその著書『神の国』の中で、

おじいちゃん画像

預言者アモスの子である

と記しました。

預言者アモスの活動後に、

学者画像

約10年ほどして、イザヤは召命(神に呼び出されること)されたのでは?

と考えられています。

また、イザヤは他の預言者であるアモスやホセアとは違った特徴が以下にあります。

預言者 活動場所 主な内容
アモス・ホセア 北王国イスラエルで活動 主に出エジプトの伝承
イザヤ 南王国ユダの首都エルサレムで活動(宮廷預言者) ダヴィデ王家とシオン(エルサレム)の選びの伝承

この表を見た時に、

匿名画像

いやー、イスラエル王国の歴史とかホントよく分からないわ…

と思った方は、

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

南王国ユダで活躍したイザヤとほぼ同時代に活動した預言者ミカがいますが、彼はエルサレムの徹底的な破壊をも預言した点がイザヤとは違います。

また、イザヤのエルサレムでの活動は、

学者画像

現実の政治権力への接近がおそらくあっただろう

と考えられている点で重要です。

預言者イザヤは、ユダ王国の王であったヒゼキヤ王の即位時に役割を果たしたとされています。

各章のあらすじをまとめると、こうなります。

1章 『アモス書』にあるような生贄祭儀批判
2章 人間の傲慢と戦争が非難の対象(イザヤの預言の重要な主題の1つ)
6章 召命記事
7-8章 インマヌエル預言
13-14章 バビロニアに関する預言
24-27章 黙示的(バビロン捕囚以後)
34-35章 第2イザヤ書に類似
36-38章 アッシリア王センナケリブによる侵略が描かれる

各章は、必ずしも年代順に編集されてはいません。

例えば、

学者画像

召命記事は最初に当然置かれるべきだ

と思われていますが、実際は6章に置かれています。

第2イザヤ書(40章以下)

45章15節には、「隠れた神」への言及が見られます。

『第2イザヤ書』で最も良く知られているのは、「主の僕(しもべ)」に関することです。

『第2イザヤ書』には、「僕(しもべ)の歌」と呼ばれる箇所があることが一般的に知られています。

匿名画像

「僕(しもべ)」って誰なの?

という問題については未だ論争があります。

この「僕の歌」は、苦難に意味を見出した極めて重要な箇所でもあります。

「僕(しもべ)」の犠牲や代償を捧げて罪をあがなう死は、イエス・キリストを預言したものとしてキリスト教で重視されました。

預言者イザヤのあらすじ

イザヤとは、旧約聖書に登場する預言者です。

名前はヘブライ語で「ヤハウェは救いなり」を意味します。

ヤハウェとは、神を意味する言葉です。

詳しく知りたい方は、

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

正教会では「イサイヤ」と呼ばれ聖人とされています。

『イザヤ書』によればイザヤは結婚していて、彼の妻ツィポラは女預言者と呼ばれていたそうです。

そして、2人の息子それぞれに、神の啓示による象徴的な名前を付けました。

イザヤはユダ王国の不正を糾弾し、バビロンへの流刑を警告しました。

匿名画像

ユダ王国?バビロン?

となった方は、「バビロン捕囚」についての記事を読みましょう。

また、イザヤ書でこうも予告しています。

おじいちゃん画像

バビロンはキュロスの手に落ち、シオン(イスラエルのエルサレム地方の歴史的地名)は回復する

さらに、メシア(油を塗られた者)に関する預言を告げ将来への希望を伝えました。


旧約聖書のあらすじを漫画で分かり易くまとめたものがあります。

イラストで旧約聖書をざっと理解したい方は、

旧約聖書 (まんがで読破) 文庫
「光あれ」神の一言で世界ははじまった。天地創造ののち、神は男女一組の人間を造り上げた。月日は流れ繁栄を極めた人間は次第に神の栄光を忘れ、傲慢になっていく。そして神はついに人間を滅すことを決意する。世界でもっとも多くの人に愛され続み継がれている宗教書・歴史書を漫画化。

こちらの本もぜひ読んでみて下さい。


旧約・新約聖書のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教までを1冊の本でまとめたものがあります。

聖書の基本から発展編まで、さらに深く知りたい方には持って来いの本なので、

この一冊で「聖書」がわかる! Kindle版
世界最大、2000年のベストセラー!地図・絵画も満載!イェルサレムはなぜ三つの宗教の聖地になった?モーゼの「十戒」とは?イエズスの“復活”の真実!「福音書」「黙示録」には何が書かれているのか?人間の「罪」と「愛」とは?イスラム教はどのようにして生まれたか?迫害されたキリスト教がなぜ世界最大の宗教になったのか?すべての疑問に答える最強の入門書!

気になる方は、こちらの本もぜひ読んでみて下さい。


参考:『イザヤ書』・『イザヤ

Reactions

Ad Code