『端午』の節句の意味とは?歴史や豆知識を分かり易く解説!

『端午』の節句の意味とは?歴史や豆知識を分かり易く解説!

端午(たんご)の節句」と聞いたことはあるでしょうか?

この行事は、毎年5月5日に行われます。5月5日と言えば、こどもの日というイメージがありますが、この日よりもはるか前に端午の節句は存在していました。

この記事では、端午の節句のそもそもの端午の意味や知っておくと便利な豆知識、端午の節句についての歴史についてまとめてみました。

端午の節句の意味をちょっとでも知っていると、周りにプチ自慢出来るかも?それでは、一緒に見て行きましょう!

端午の節句とは?

端午とは節句の一つです。節句とは、古代中国が由来の日本に定着した暦のことを言います。伝統的な年中行事を行う季節の節目(ふしめ)となる日です。

山田花子画像

七夕なども、節句の一つですよ!

端午の節句」または「菖蒲(しょうぶ)の節句」とも呼ばれます。

日本では端午の節句に、

少女画像

男の子が健やかに成長しますように

と祈願する風習があります。現在では、グレゴリオ暦(新暦)の5月5日に行われて、国民の祝日「こどもの日」になっています。

匿名画像

ん、グレゴリオ暦って何?

と思った方は、

グレゴリオ暦は西暦と同じ?グレゴリオ暦について簡単に解説

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

中国語圏では現在も旧暦5月5日に行うのが一般的で、日本でも一部では旧暦や月遅れの6月5日に行う地域もあります。

端午の節句の意味

旧暦(十二支)の中での午の月は5月にあたります。5月の最初の牛の日を節句として祝っていたものが、その後に5が重なる5月5日が端午の節句の日となりました。

端(はし)は「始め・最初」という意味なので、「端午」は5月の最初の牛の日を意味していました。ところが、「」と「」は中国では同じ発音の「ウー」だったので、日付が5月5日に変わったのです。

同じように、奇数の月番号と日番号が重なる3月3日7月7日9月9日も節句になっています。

昔の中国では、5月は悪い月とされていました。薬草によって悪い気を祓う行事があり、

匿名画像

香の強いアオイや菖蒲(しょうぶ)には魔除けの力があるんだぁ

と信じられていました。

また、この頃はちょうど田植えのシーズンでした。田植えは、かつて女性の仕事だったので、この日は女性が大切にされました。

菖蒲をふいた屋根のある小屋に女性だけで集まり、そこで過ごしたのです。

山田花子画像

これが、「菖蒲の節句」=「女の人の節句」と呼ばれる由来です!

しかし、江戸時代になると菖蒲が尚武(武を重んじること)に変わってしまい、男の子の節句となりました。

端午の節句の歴史

奈良時代の宮中では、菖蒲を髪飾りにした人々が武徳殿(ぶとくでん)という場所に集まりました。そして、天皇から薬草を丸く固めて飾りを付けた薬玉(くすだま)を賜(たまわ)りました。

山田花子画像

かつての貴族社会では、薬玉を作ってお互いに贈り合う習慣もありました。

鎌倉時代頃から端午は男の子の節句とされ、男子の成長を祝って健康を祈るようになりました。

典型的な祝い方は、鎧・兜・刀・武者人形や金太郎武蔵坊弁慶を似せた五月人形などを室内の飾り段に飾り、庭前にこいのぼりを立てます。

ただし、こいのぼりは江戸時代以降に一般的に広まりました。こいのぼりについてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

山田花子画像

鎧兜には、男子の身体を守る意味があります!

江戸時代まで、端午の日に子供は河原などで石合戦をする風習がありました。しかし、負傷者や死亡者が相次いだため禁止となりました。

その後、菖蒲を刀の代わりにした「菖蒲切り」というチャンバラが流行しました。

端午の節句の豆知識

端午の日には柏餅(かしわもち)を食べる風習があります。これは日本独自のものです。

柏は、新芽が出るまで古い葉が落ちないという特徴があります。そのことから、

人々画像

家系が絶えない縁起もの

として広まっていったのです。

また、男の子の赤ちゃんを持つ家庭にとっては「初節句」となるため、家族全員で盛大に祝われることも多くあります。

5月5日が祝日で、その前後もゴールデンウィークと言う大型連休期間中なので、3月3日のひな祭り以上に家族全員で祝われます。

日本では、男性が外に出て女性だけが家の中に閉じこもります。そして、田植えの前に穢れを祓い身を清める「五月忌み(さつきいみ)」という儀式を行います

山田花子画像

この儀式が、最終的に中国から伝わった「端午」と結び付けられました!

端午は元々女性の節句だったので、家の畳の半畳分ずつあるいは家全体を女性が取り仕切る日とする慣習を持つ地域もあります。

日本だけではなく、中国や韓国の端午の節句の由来(起源)について詳しく知りたい方は、

こちらの記事も併せてお読み下さい。


参考:端午