ひな祭りの歴史はいつから始まった?本当の由来を簡単に解説

ひな祭りの歴史はいつから始まった?本当の由来を簡単に解説

雛祭り(ひなまつり)は、お人形さんを3月3日に飾り楽しむ日本の年中行事です。

匿名画像

そもそも、何で3月に人形なんか飾るの?ってか、いつから始まった?

という疑問を持っている人も多いのではないのでしょうか?

この記事では、そういった素朴なひな祭りに関する疑問にお答えしています。それでは、一緒に見て行きましょう!

ひな祭りとは?

日本でひな祭りとは、女の子の健やかな成長を祈る節句の年中行事です。

山田花子画像

節句とは、伝統的な年中行事を行う季節の節目(ふしめ)となる日です。

桜や桃の花など木々の飾りや雛あられ、菱餅(ひしもち)などをひな人形に供えます。そして、白酒やちらし寿司などの飲食をしながら楽しむのです。

ひな祭りの時期

江戸時代までは、太陰太陽暦の3月の節句である3月3日(現在の4月頃)に行われていました。この頃の3月3日は、桃の花が咲く時期であったため「桃の節句」と呼ばれることも多いようです。

匿名画像

ん、太陰太陽暦?何で今と日付が違うの?

と思った方は、こちらの記事を参考に読んでみて下さい。

明治に日本では暦をグレゴリオ暦に変更したので、現在の3月3日に行われるようになりました。グレゴリオ暦に関しては、

グレゴリオ暦は西暦と同じ?グレゴリオ暦について簡単に解説

こちらの記事を参考にして下さい。

山田花子画像

一部の地域では、まだ太陰太陽暦を基にして祝っていますよ!

現代のひな祭りは室内で行われますが、かつて農村部などでは暖かく春らしくなった旧暦の3月3日に、子供が外に出て花を摘んで遊んだり、「草花びな」というものを作ったり、弁当や野外料理を食べたりする風習があり、それらは現代でも一部の地域は行っています。

また、江戸時代には9月9日にひな人形をもう一度飾る「後(のち)の節供」という習慣がありました。

いつから始まった?

「ひな祭り」が、いつ頃から正確に始まったのかは分かっていません。それには、いくつかの起源説があるからです。ですが、平安時代の京都ですでに平安貴族の子供たちの間で「遊びごと」として行われていたようです。

山田花子画像

この当時は、貴族の小さな館をしつらえ飾っていたと考えられています。

初めは儀式ではなく単なる遊びでした。なので、ひな祭りが「ひな遊び」とも呼ばれるのは、これが由来となっています。

一方、平安時代に川へ紙で作った人形を流す「流し雛」というものもありました。

穢れを祓うために人形を水に流すことで、自身の身の穢れも清める意味合いがあったのです。なので、ひな人形は「災厄よけ」の「守り雛」として祀られる様になりました。

ひな祭りの歴史

江戸時代になると、女子の「人形遊び」と「節句の儀式」が結びつき全国に広まり飾られるようになりました。3月3日にひな祭りを行うようになったのは、安土桃山時代以降だと考えられています。

江戸時代初期には、形代(かたしろ)の名残を残す立った形の「立雛」や、座った形の「坐り雛」が作られていました。

山田花子画像

形代とは、神霊が依り憑く依り代の一種です。

これらは、男女一対の「内裏雛(だいりびな)」を飾るだけのものでした。内裏雛などについてさらに詳しく知りたい方は、

ひな祭りの『雛人形』の名前や種類を紹介!【イラスト付き】

こちらの記事も併せてお読み下さい。

雛人形が花嫁道具

ひな祭りは、飾り物としての古くからの形式と、一生の災厄をこの人形に身代わりさせる祭りの儀式の意味合いが強くなって行きました。

そして、武家の娘など身分の高い女性の嫁入り道具の一つとして数えられるようにもなっていったのです。

山田花子画像

そのため、自然と華やかで贅沢なものになっていったのです。

時代が進むとひな人形は精巧さが増し、十二単の装束を着せたり、大型の雛人形などが作られました。しかし、江戸時代の享保の頃から江戸幕府

武士画像

節約だ!

と倹約政策を取り始め、大型のひな人形は一時禁止されました。しかし、逆にこの制限が、わずか数センチの精巧を極めたひな人形の流行を生み出しました。

雛人形の移り変わり

江戸時代後期には、宮中の雅(みや)びな平安装飾を正確に再現したものが登場します。

また、1800年頃から囃子(はやし)人形が現れ、幕末までに官女(かんじょ)・随身(ずいじん)・仕丁(しちょう)などの添え人形たちも登場して行きます。

ひな飾りは、嫁入り道具や従者人形たち、御殿などのセットが急速に増え、スケールも大きくなって行きました。

そんなひな人形の並べ方や飾り方について、さらに詳しく知りたい方は、

雛人形の並べ方の移り変わりや違いを解説!【イラスト付き】

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。


参考:雛祭り