ユダヤ教の三大祭りとは?【過越・仮庵の祭り・七週の祭り】

ユダヤ教の三大祭りとは?【過越・仮庵の祭り・七週の祭り】

ユダヤ教には、重要な3つのお祭りがあります。この3つの宗教的な行事を知っているだけでも、ユダヤ教への理解に繋がるでしょう。

ここでは、それぞれのお祭りについて簡単にまとめてみました。それでは、それらの内容を見て行きましょう!

過越とは?

過越(すぎこし)あるいはぺサハは、ユダヤ教の宗教的記念日です。膨らみの無い「マッツァー」と呼ばれるパンや儀式的な晩餐である「セーデル」等のメニューの食事をして祝います。

期間は1週間です。始まる日は、ユダヤ暦に基づいているので、毎年3月か4月の間でずれます。と言うのも、ユダヤ暦は太陰太陽暦だからです。

匿名画像

太陰太陽暦って何?

という方は、こちらの記事も併せてお読み下さいませ。

過越の起源

聖書の『出エジプト記』12章の古代エジプトで起こった出来事に起源を持ちます。エジプトで奴隷となっていたイスラエルの民をモーセが救うというお話しです。このストーリーを詳しく知りたい方は、

こちらの記事をぜひご覧下さいませ。

ストーリーを簡単に説明しますと、イスラエル人はヨセフの時代からエジプトで奴隷として虐げられてきました。その後、神は80歳のモーセを民の指導者として約束の地へと向かわせようとします。

しかし、そこでエジプトのファラオが邪魔するのです。

神様画像

くっ、邪魔しおって…!エジプトに十の災いをもたらそうぞ!!

と神は災いをもたらします。その10番目の災いが、人間動物関わらず「初めて生まれた子を撃つ」というものでした。

神様画像

わし、戸口に印のない家には、災いをもたらす事に決めたから。

と神はモーセに伝えます。モーセから神のお告げを聞いて、イスラエル人たちは戸口に印を付けて災厄を過ぎ越したのです。

これが、「過越」の名前の由来です。ユダヤ人にとって過越祭は、秋の「仮庵の祭り(かりいおのまつり)」と並ぶほど大切な祭日となったのです。

このお祭りの本来の起源は、遊牧民が冬から夏に宿を求めて移動する際の厄除けの祭事でした。元々、過越とは関係なかったのです。

ところが、いつしか『出エジプト記』の過越の言い伝えと結び付けられるようになり、ユダヤ教のお祭りとなったのです。

種入れぬパンの祭(除酵祭)もまた、起源は過越とは関係ありませんでした。ただの農業祭でしたが、過越祭と除酵祭が種なしパンを食べる習慣を持ち、かつ祭りが行われる時期も近かったため、いつしか併合されて一つの祭りとなったのです。

聖書の過越

アビブ(ニサン)10日

傷のない雄の子羊、または山羊を選び分ける。

『出エジプト記』12章5節

アビブ(ニサン)14日

その羊(または山羊)を屠殺し、その血を家の2本の戸柱と戸口の上部に掛ける。

『出エジプト記』12章6-7節

アビブ(ニサン)15日(日没で日付が変わる)

夜にその肉を焼き、酵母の入っていないパン(マッツァー)と苦菜(マーロール)を添えて食べる。生のまま、または煮て食べることは禁止されている。

『出エジプト記』12章8-9節

現在のユダヤ教キリスト教の聖餐式(せいさんしき)でも、酵母の入っていないパンを食べる習慣があります。一方、正教会東方教会では、酵母入りの発酵したパンを聖体礼儀で使います。

残った肉は火で焼き尽くす必要がある。朝まで残しておいてはいけない。

『出エジプト記』12章10節

除酵祭においては、

神への祭りとして代々祝わなければならない。

(12章14節)

14日の夕方から21日の夕方までの七日間は酵母入りのパンを食べてはならない。

(15, 18節)

1日目と7日目の聖会の日には仕事をしてはいけない。

(16節)

となってます。除酵祭の規定に関しては、時を定めるものが多いですね。過越祭は、現在でも行っているものとそうでないものとがあります。

現代の過越祭

聖書に従って、ユダヤ教は現在でも過越祭(除酵祭)を行い、ほとんどのユダヤ教徒が参加しています。そのお祭りの期間中、彼らは「出エジプト」に関する書物を読み、男子の多くは敬虔を示すため「キッパー」と呼ばれる縁なし帽子を被ります。

過越の食事

『出エジプト記』のモーセがユダヤ人たちを率いて逃げようとした時、エジプト王の追跡から彼らは早く逃げなければいけませんでした。

その時に、パンを膨らませ待つだけの時間がなかったのです。なので、酵母を入れないパンをそのまま食べたと言われています。

3月末から4月初めの過越の1週間、ユダヤ人たちはこの時の記憶を忘れないために、酵母で膨らませたパンを食べないのです。

過越祭の食卓で主催者が行う祈りには、

主催者画像

今年は違う土地であっても、来年こそはエルサレムで!

という言葉が含まれています。全世界に散らばったユダヤ人たちが、数千年に渡ってこの言葉を口にし続けた結果、

人々画像

イスラエルの地に故郷を再建しよう!

というシオニズム運動に繋がったのです。

ちなみに、過越祭は日本の正月に似ていると言われています。この説は、日ユ同祖論の根拠の一つとなっています。

過越祭以外にも、古代ユダヤと日本の神道や皇室には類似点が多くあります。この内容をさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事もご覧下さいませ。

仮庵の祭りとは?

仮庵の祭り(かりいおのまつり)とは、一般に太陽暦10月頃に行われるユダヤ教のお祭りです。ヘブライ語で「仮庵」は、スコットと言います。

ユダヤ人の祖先がエジプト脱出の時、荒野でテントに住んだことを記念して、祭りの時は仮設の家、すなわち仮庵を建てて住んだことに由来します。

旧約聖書には、きちんとこのお祭りに関する規定があります。また、新約聖書でも、祭りの時にイスラエルの地のユダヤ教徒の成人男性はエルサレム神殿へ巡礼する必要があります。

最初は7日間行われましたが、後に8日間に延長しました。一部のユダヤ人の間では、9日間祝うこともあります。

『レビ記』には、祭りは7日間で8日目に集会を開いて犠牲を捧げる、とあります。最初の日と8日目は安息日なので、仕事は出来ません。パレスチナ地方の秋には、果物が多く収穫できます。なので、この時期を秋の収穫祭としても祝っています。

初日から7日間、みんな仮庵(仮説の家)に住みます。かつては、毎日「焼き尽くす捧げ物」が捧げられましたが、神殿崩壊後に犠牲は行われていません。

イエスの時代には、仮庵の祭り中、毎日エルサレム神殿へ市内の池から黄金の器で水を汲んで運んでいました。これを、毎晩2回行います。そして、犠牲の際に供え物と一緒に祭壇に水を注いだのです。

新約聖書の中にも、その記述が出て来ます。現代のイスラエルでも、仮庵の祭り中は至る所に仮庵が設置されています。

七週の祭りとは?

七週の祭り(シャブオット)とは、ユダヤ教の祝祭のことです。過越、仮庵の祭とともに三巡礼祭の一つとなっています。太陽暦の5月か6月に行われます。過越の7週間後に始まる約3日間のお祭りです。

イスラエルの民がエジプトを出て行き、49日後にシナイ山で神が律法を与えたことを記念しています。これがいわゆる『モーセの十戒』です。さらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。

また、春の収穫を感謝する農業祭としての意味もあります。

基本的にこの祭りの日は安息日で、仕事をするのは禁止されています。その代わり、トーラー(モーセ五書)の学習や『ルツ記』の朗読などを行います。

食事に肉を使うのも禁止されています。代わりに、乳製品を食べます。

キリスト教では、ちょうどこの七週の祭りの日に聖霊が降ったとされています。この聖霊降臨のエピソードを、「ペンテコステ」と言います。そして、キリスト教では七週の祭りの日をペンテコステとして祝うのです。


参考:過越仮庵の祭りシャブオット