太陰暦と太陽暦とは?簡単にそれぞれの意味と違いを解説!

太陰暦と太陽暦とは?簡単にそれぞれの意味と違いを解説!

よく歴史に「太陰暦」と「太陽暦」が出て来ますよね。

匿名画像

何なの、この太陰暦とか太陽暦って?

と疑問に思った事はないでしょうか?

ここでは、この2つの暦の意味や違いについて詳しく説明しました。それでは、それぞれ見て行きましょう!

太陰暦とは?

月の満ち欠けの周期を基にした暦です。「太陰」とは、「(天体の)月」を意味します。

閏月などを入れて季節のずれを調整する暦は、「太陰太陽暦」と言います。この暦について、さらに詳しく知りたい方は

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

季節のずれを無視した暦は「純粋太陰暦」と呼ばれ、イスラム圏ではイスラム暦(ヒジュラ暦)として、未だにこの暦を採用しています。

太陰暦の計算方法

太陰暦を使うと、29日と30日の月が1年でそれぞれ6回ずつあります。なので、1年が約354日となってしまいます。こうすると1年に僅かな誤差が出るので、3年に1度1年を355日とする必要があります。

太陰太陽暦では、この1年が355日となる年が閏年(うるうどし)です。一方、ヒジュラ暦では30年間に11回の閏年があります。太陽暦の1年は364日です。

山田花子画像

現代の私たちも使っている暦なのでお馴染みですよね!

それに比べて、太陰暦は354日なので太陽暦に比べて約11日短いのです。3年が過ぎると、約1ヵ月以上のずれになります。この誤差により、同じ日付であってもどんどんと季節はずれて行きます。およそ33年で、元の季節に戻ることが出来ます。

イスラムで行われているラマダーン(断食)の季節が、毎年違っているのはこの太陰暦のずれのせいだったのですね。何十年もの時間スケールで見た場合だと、ラマダーンの月日と季節は全く違います。

しかし、短い時間スケールなら、去年と今年のラマダーンの季節に違いはさほどありません。

太陰暦は月の満ち欠けを基準にしているので、同じ日であればいつでも月の形はほぼ同じです。逆に、太陽暦は同じ月日であれば季節はほぼ同じです。

太陰暦の月の呼び名

人類が季節を知るための手がかりとしたもの。それは、空の星と言われています。月の満ち欠けは、日にちを数える手がかりとなりました。これが、太陰暦が作られたきっかけです。

空の月が一番欠けた状態を、「朔(さく)」と言います。そこから約15日経つと満月の「望(ぼう)」になります。そして、また約15日経つと「」に戻ります。

この約30日間を1ヵ月として、これを12回繰り返して1年となります。「朔」から「朔」へ戻る周期を「朔望月」と言います。朔望月は月末なので、29日か30日のどちらかになります。30日は「大の月」、29日は「小の月」と呼ばれています。

太陰暦では、季節がずれていくものです。このずれを防ぐために、1年を13ヵ月にする方法がよく採用されました。これにより、暦を遅らせたのです。暦と季節がずれを起こすたびに、1年を13ヵ月にしました。12ヵ月の他に挿入された月は、「閏月」と呼ばれました。

天体観測によるずれの修正

暦と季節のずれ。これを修正するには、空の月以外を見なければいけません。つまり、天体観測です。ずれの修正は、太陽や星の位置によって行われました。

季節を知るためには、自分が住む場所で見る星の位置や見える時期を手がかりにしました。そして、

匿名画像

今の季節って何だろう?

と考え判断したのです。さらに、太陽も季節の変わり目を知る手がかりでした。夏は太陽がなかなか沈みませんよね。逆に、冬は夜の暗闇がすぐに来ます。こういった違いから、長い年月をかけて夏と冬の違いに気付いていったのです。

それが後に、「夏至」や「冬至」と呼ばれます。そして、昼と夜の時間が同じくらいの時期は「春分」や「秋分」と呼びました。

太陽暦とは?

地球が太陽の周りを回る周期を基にして作られた暦です。太陽暦は現代の暦にも採用されているくらいです。なので、ユリウス暦や世界中の多くの地域で使用されていたグレゴリオ暦も太陽暦の1種なのです。

1年をを単純に365日とすると、4年でほぼ1日のずれが生まれます。このずれを補うために、閏日があります。

ユリウス暦への切替え

古代エジプトから、太陽暦は使われ始めました。そして、ローマ共和国(ローマ帝国の前身)では、太陰太陽暦であるローマ暦の代わりに太陽暦を導入しました。

古代ローマの暦は初め、結構適当に1年を数えていました。しかし、だんだんと政治的目的で、日にちや閏月をわざと繰り返し足していったのです。

その結果、ユリウス・カエサルがローマで実権を握った時には、なんと暦が実際の季節から3ヵ月もずれていたのです。カエサルは、この事態に悩みます。

カエサル画像

ちょ、誰かに相談しよ。そや、天文学者なら解決策知ってるやろ!

そして、天文学者のソシゲネスの意見に従って、この年の日数をなんと445日まで引き伸ばします。この時、太陰太陽暦から太陽暦に移行したのです。その時に、導入したカエサルの名にちなんで、ユリウス暦と呼ばれています。

この暦は、現代とほぼ変わりません。1年は365日で、4年に1度の2月に閏日を入れます。

グレゴリオ暦への移行

その後、キリスト教でもユリウス暦を採用することになりました。

しかし、新約聖書に記されたイエス・キリストの復活の日付は、ユダヤ暦を基準にしています。このため、キリスト教の最も重要な復活祭を祝うためには、ユリウス暦だけでは十分ではありませんでした。

そこで、ユダヤ暦の基である太陰太陽暦の要素も考慮して、復活祭の日付を算出しました。これが、ユリウス暦を改良したグレゴリオ暦の起源です。

つまり、宗教面で太陽暦と太陰太陽暦の二重構造になっているのです。

このグレゴリオ暦は、ローマ教皇グレゴリウス13世により制定されました。そして、それが世界中に広まったのです。こうして、ヨーロッパではユダヤ暦を除き太陽暦が広く使われていきました。

日本での太陽暦の歴史

日本では、明治の初め頃まで太陰太陽暦(天保暦)が使われていました。その後、太陽暦であるグレゴリオ暦を導入しました。

しかし、戦国時代の末頃から密かに太陽暦は使われていました。事実、江戸時代本多利明(ほんだとしあき)は太陽暦の便利さを説いています。さらに、山片蟠桃(やまがたばんとう)は太陽暦の見本を作りました。

蘭学医の大槻玄沢(おおつきげんたく)は、オランダ正月を開催しています。オランダ正月とは、オランダ人たちや江戸の蘭学者たちによって行われた太陽暦(グレゴリオ暦)による正月元日を祝う宴です。

山田花子画像

太陽暦の活用自体は遅いものの、結構古くから太陽暦は知られていたのですね!

暦と季節のずれを修正するのに、昔の人々はどれだけ長い年月をかけたのでしょう。そんな蓄積された時の歴史が、今の私たちが使用している暦に繋がっているのです。


参考:太陰暦太陽暦太陰太陽暦