Ad Code

ピックアップ

6/recent/ticker-posts

春節とは?伝統料理・歴史・何するかなど分かりやすく説明!

春節の画像

中国の旧正月は、中国暦で新しい年の始まりを祝う特別なお祭りです。

春節とも呼ばれ、1月から2月にかけて行われます。

さまざまな文化や背景を持つ人々が集まり、1年のうちでこの特別な時期を祝います。

楽しい時間を過ごし、特別な料理を食べ、家族と一緒に過ごすのです。

さらに、人々は特別なパーティーやたくさんのイルミネーションでこの年を祝います。

そんな春節について詳しくご紹介していきます!

旧正月(春節)とは?

旧正月は、世界の多くの地域で祝われる特別なお祭りです。

旧正月春節としても知られています。

中国の新年は、中国文化における重要な祝日です。

毎年違う日に行われるので、国によっては働く日を変えて長い休みにするところもあります。

また、旧正月が週末に重なった場合、翌日を休日にする国もあります。

  • 旧正月
  • 旧暦の正月
  • 新年祭
  • 春節

など人々はさまざまな名前で呼びます。

世界中の人々がさまざまな方法でそれを祝います。

人々は、特別な同窓会の夕食に集まり、悪運を取り除くために家の掃除をすることで祝います。

毎年、人々はニャン(海中や山中に住む獣)の物語を思い出すために旧正月を祝います。

赤い服を着て、赤い飾りをつけ、爆竹を鳴らし、大きな音を立ててニャンを追い払うのです。

この神話により、以下の風習が残りました。

  • 窓やドアに赤い切り紙や二行連(にぎょうれん)を飾る
  • 爆竹を鳴らす
  • 赤い紙袋にお金を入れて贈る

旧正月は、旧暦で新しい年の始まりです。

旧暦の1月21日から2月20日の間に行われ、朔望月(さくぼうげつ)冬至(とうじ)を基準としています。

春節の伝統料理

大晦日には、家族が集まって盛大で特別な夕食をとります。

  • 豚肉
  • 鶏肉
  • アヒル
  • 中華ソーセージ
  • ロブスター
  • アワビ

などの肉や魚介類のおいしい食べ物がたくさん出てきます。

魚は必ず出てきますが、中国語で「毎年幸運を祈る」という意味の言葉に聞こえるので、全部は食べません。

通常8品が出されますが、前年に家族の誰かが亡くなった場合は7品が出されます。

また、人々はこの日、

  • 幸運
  • 長寿

を象徴する特別な食べ物を食べます。

麺類、果物、餃子、春巻き、甘いおにぎりなどがあります。

  • 麺類:長寿
  • 果物:幸運と富
  • 餃子春巻き
  • 甘いおにぎり家族の団結

をそれぞれ意味します。

ちなみに、一年の幸運をもたらすと信じられているため、元日に肉を食べない家庭もあります。

春節の歴史

中国人は何千年も前から新年を祝ってきました。

昔は家をきれいにし、特別な儀式を行いました。

また、カードを送ってお互いの幸運も祈りました。

現在でもこのような行事を行い、新年の始まりを祝っています。

唐の時代

の時代、人々は元日に「百年」と呼ばれる挨拶状を送り、縁起を担いで一緒に祝うようになりました。

唐の太宗皇帝は金箔に特別なメッセージを書き、大臣たちに送りました。

また、金箔の代わりに画仙紙(がせんし)を使うこともありました。

※画仙紙(がせんし)とは、書画に用いられる大判の用紙です。

このようなカードを送るようになったのは、試験で良い成績を収めるのを手伝ってくれた先生に感謝したかったからです。

春聯(しゅんれん)は大昔の皇帝が書いたものです。

新年を祝い、春が長く続くことを願う内容となっています。

宋の時代

の時代の人々は、大晦日春聯を寝室のドアに掛けていたそうです。

昔は竹竿を燃やして大きな音を出していましたが、やがて火薬が発明され、と火薬で花火を作るようになりました。

今でもこの花火を「爆竹」と呼び、旧正月などのお祝いに使っています。

の時代、人々は新年を祝うために子供たちにお金を与えました。

このお金は「隋年銭」と呼ばれ、「年齢に応じたお金」という意味です。

皇帝の子供には、長寿を願って120枚の銭が贈られました。

元の時代

新年が始まると、時代の人々は親族に年糕(ねんこう)と呼ばれる餅を贈って祝いました。

中国の人々は何百年も前から元日餃子を食べています。

餃子の中には、

などの特別な食べ物を入れます。

また、餃子の中には銀貨を入れ、そのお金を手にした人はとても幸運になるそうです。

旧正月になると、大人は子供たちに「压岁钱(Ya Sui Qian)」という特別なお金を渡します。

赤い糸で結ばれた硬貨か、硬貨の入った色のついた財布です。

現代の旧正月

旧正月は、中国では重要な祝日です。

1928年、中国の指導者は別の日にすることを望んでいましたが、人々が反対したため、元に戻されました。

文化大革命の時代には、

中国人男性画像

この日を祝うな!

と人々は言われました。

しかし、1980年に昔のお祝いが復活し、中国のお正月は再び祝われるようになりました。

春節のお祭りの様子

祭りの期間中、中国の人々は特別な料理を作り、家族や友人と一緒に食べます。

その料理は地域によって見た目も味も異なります。

  • 中国北部:水餃子
  • 中国南部:湯円(タンユェン)

がそれぞれの代表的な料理です。

前日~大晦日

旧正月8日前になると、人々はラバ粥という特別な朝食をとります。

また、人々は家を掃除し、特別な切り紙で飾ります。

新しい服や靴を買い、髪を切ります。

企業は、過去1年間の負債を返済します。 

また、その年の飾りを燃やし、神様にお供え物をします。

大晦日には、感謝の祈りを捧げます。

旧正月は特別な日であり、人々は大きなご馳走を食べ、餃子年糕(ニェンガオ)を食べ、宴会をします。

また、爆竹を鳴らし、夜更かしをして一年の無事を祈るのです。

1日目~4日目

旧正月には、家族が集まり、幸運と繁栄を願って、お金の入った赤い封筒を贈り合います。

  • 花火爆竹を鳴らす→悪霊を追い払うため
  • マンダリンオレンジを贈り合う→富と幸運を願って

旧正月の2日目、人々は家族や友人を訪ね、関係を新たにします。

また、それぞれの神様に祈りを捧げます。

  • 富の神様:お金を渡して良い一年になるようにと祈る
  • チェ・クング:ご加護を祈るためにお寺に行く

旧正月の3日目は、「赤口」または「赤犬の日」と呼ばれます。

お供えした紙をゴミ箱の火で燃やし、来客があったり、遊びに行ったりするのは不吉とされています。

また、人々は富の神の寺院に行き、自分の将来を占ってもらいます。

旧正月は、場所によっては15日間も祝われます。

4日目になると、人々は特別な夕食をとり、普段の生活に戻ります。

また、もっと長く祝うところでは、神様を迎える特別な日を設けます。

5日目~7日目

5日目の中国台湾では、富の神の誕生日を祝います。

5日目の朝は餃子を食べ、翌日から営業を再開します。

また、人々は富の神の気を引くために爆竹を鳴らし、新しい年の幸運を手に入れます。

6日目には、人々はもういらないものを捨てて新しいものを入れる場所を作ることで、貧乏神を追い払います。

これは、中国の人々がより良い生活を送りたいという希望を示しています。

7日目の蓮池(れんり)は世界中の中国人が祝う特別な日で、誰もが1歳年を取る日です。

幸運と富を祈願して、ユーシェン(魚生)という特別なサラダを食べるのだそうです。

また、仏教の守護神である帝釈天という特別な人の誕生を記念して、肉を食べない人もいます。

8日目~10日目

8日目には、玉皇大帝(ぎょくこうじょうてい)の誕生日の前夜祭として、家族で夕食を食べます。

翌日には、店のオーナーが従業員に一年の働きに感謝し、ランチやディナーを楽しみます。

旧正月の9日目には、人々は玉皇大帝に感謝し、祈りサトウキビを捧げます。

朝、家族は祭壇に特別な供物を並べ、3回ひざまずき、9回礼をします。

  • お香
  • お茶
  • 果物
  • その他の食べ物

も供えられます。

10日目は玉皇大帝の誕生日を祝う日です。

15日目は元宵節

正月15日、中国とマレーシアの人々は元宵節(げんしょうせつ)を祝います。

人々は湯円(タンユェン)という甘いおにぎりのスープを食べ、家の外でろうそくを灯すのです。

家族でなぞなぞが書かれたランタンを運ぶこともあります。

また、バレンタインデーのように独身者は恋人を探します。

オレンジに連絡先を書き川に流すのです。

元宵節は、新年のお祝いの終わりを告げるものです。

そんな元宵節についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読みください。

春節で何をするの?

人々は家族や友人と一緒に特別な映画を見るのが好きです。

映画には、朝時代の様々な劇団の俳優が出演しています。

映画は通常コメディで、香港の映画製作者によって作られます。

また、この時期は春運と呼ばれ、中国の総人口よりも多くの人が旅行する、世界最大の旅行の時期でもあります。

そんな春節の期間中、人々は一体何をするのでしょうか?

紅包を渡す

旧正月に、夫婦やお年寄りが子供たちに幸運をもたらすために、赤い包みにお金を入れて渡します。

このお金は、子供たちを邪気から守るためのものです。

紅包(こうほう)とは、旧正月などの中国のお祝いの時に、人々がお互いに贈り合う特別な封筒のことです。

封筒の中にはたいていお金が入っていて、そのお金はたいてい8や6といった偶数です。

4という数字は「」のように聞こえるので、人々は避けます。

中に入っているお金はたいてい新しいものです。

子供たちは封筒を受け取る前に、結婚している大人たちに新年のお祝いをするのが礼儀です。

子供たちは封筒を受け取った後、その上で七晩寝てから開封すると、幸運と富をもたらすと信じられています。

2000年代の台湾では、一部の雇用主が働いている人にボーナスとしてお金を渡していました。

最近では、携帯電話を通じて「仮想紅包」をプレゼントとして送ることも行われています。

紅包の意味

昔、大晦日の夜、人々は「祟(すい)」と呼ばれる怪物を遠ざけるために家に明かりを灯しました。

寝ている子供の頭に触ると、病気になったり、精神障害を起こしたりすることが知られていたのです。

子供を守るために、人々は一晩中起きていて、「守祟」という習慣が始まったのです。

この話は、ある老夫婦の大切な息子の話です。

大晦日の夜、銅貨8枚を赤い紙袋に入れ、息子の枕元に置いて、怖い生き物である祟から守るようにしました。

すると、枕が金色に光って、祟を追い払うことができたのです。

この銅銭が祟を遠ざけるので、「压岁钱(Ya Sui Qian)」と呼ばれるようになりました。

他にもこんな話があります。

ある村で、若い孤児が大きなを退治しました。

彼は魔法の剣を使ったのです。

村の人々は勇敢な青年に、自分たちを救ってくれたお礼に、お金の入った赤い封筒を渡しました。

プレゼント交換

旧正月には、以下のような贈り物を友人や家族と交換します。

  • 果物
  • ケーキ
  • チョコレート
  • キャンディー

贈り物は通常、幸運の象徴である赤や金の紙で包まれます。

プレゼントを贈る際には注意が必要です。

中にはタブーとされ、贈ってはいけないものもあります。

タブーな贈り物の例は、以下に関連するものです。

  • 葬儀
  • 時計
  • ナイフ
  • 不吉に聞こえる言葉

新しいものを買う

旧正月は一年のうちで特別な時期です。

人々はお祝いに赤い色を身につけ、新しい服を手に入れます。

  • 赤:邪気を払う
  • 新しい衣服:再出発

をそれぞれ意味します。

新年が近づくと、人々は花やおもちゃ、衣服、さらには花火爆竹など、新しいものを買うために露天市場を訪れます。

また、贈り物や家の装飾品も購入します。

クリスマスツリーを買うように、の木を買って家に飾るところもあります。

爆竹はなぜ使う?

古代中国では、竹の茎に火薬を詰めて小さな爆発を起こし、悪霊を追い払っていました。

現在では、お祝いの季節になると爆竹を使います。

赤い紙で巻かれた爆竹は、火をつけると大きな音がします。

爆竹は通常、旧正月のような特別なお祝いの時に連打して火をつけます。

しかし、国や町によっては爆竹を禁止しているところもあります。

飾り付けをする

中国の元宵節(げんしょうせつ)では、人々はさまざまな形や大きさのカラフルな紙製のランタンを吊り下げます。

また、互いに幸運を祈るために、

  • 春聯(しゅんれん)
  • 中国結び
  • 切り絵
  • 二行連(にぎょうれん)

などの飾りが吊るされます。

さらに、幸運と繁栄をもたらすために花も飾ります。

  • (幸運)
  • キンモクセイ(繁栄)
  • カラマンシー(幸運)
  • スイセン(繁栄)
  • (一年中)
  • ひまわり(良い年)
  • ナス(病気を治す)
  • チョウムモン(静寂)

などが人気の花です。

は通常、ご先祖様に使うものなので使いません。

龍・獅子舞ダンス

中国のお正月は悪い気を追い払うために、太鼓やシンバルを使った特別な踊りをします。

  • 龍舞
  • 獅子舞

があって人気があります。

また、商売を始めるときにも獅子舞を踊ります。

春節が影響してる国々

中国の旧正月は、世界中の多くの場所で行われる特別なお祭りです。

  • シドニー
  • ロンドン
  • サンフランシスコ

などでは特に盛大に行われます。

各地から人々が集まりお祝いをします。

マレーシア

旧正月は、マレーシアでは楽しい2日間の休日です。

  • クアラルンプール
  • ジョージタウン
  • ジョホールバル
  • イポー

などの大きな都市で人々が祝います。

大晦日半日休暇になります。

シンガポール

シンガポールでは、旧正月を2日間にわたって祝います。

  • フェスティブ・ストリート・バザール
  • 毎晩のショー
  • 獅子舞コンテスト
  • カラフルな山車や文化的パフォーマンスが行われるチンゲイ・パレード

など楽しい催しが目白押しです。

  • ファイヤーパーティー
  • さまざまな文化のパフォーマンス
  • ダンスコンテスト

とこういったパレードでも行われます。

フィリピン

フィリピンでは、旧正月は中国人と中国人以外の人が共に祝う、とても特別な祝日です。

とても重要な祝日なので、現在では祝日として、誰もがこの日を祝うために休暇を取ることができます。

インドネシア

インドネシアでは、旧正月は「タフン・バル・イムレック」と呼ばれ、宗教的な休日として中国人に祝われています。

以前は制限されていましたが、現在は正式に休日となっています。

インドネシアでは、旧正月は中国の宗教と中国人の家庭の伝統の一部として祝われています。

これは、中国人コミュニティによって祝われる唯一の国家的な宗教的祝日です。

インドネシアの中国人たちは毎年、パレード花火で特別なお祝いをします。

ショッピングモールは提灯や中国語、獅子の彫刻で飾られ、中国人の家、寺院、お店の周りでは獅子舞が見られます。

中国人は家の外で龍の飾りをつけたお香を焚き、お寺はの初日は24時間開放されます。

また、赤い封筒を配り、時には貧しい人々に食べ物を配ることもあります。

タイ

タイには、中国系の人々が多く住んでいます。

彼らは旧正月をたくさんのお祭りで祝います。

  • ナコーンサワン
  • スパンブリー
  • プーケット

などいくつかの場所は特にそのお祝いで知られており、観光振興に役立っています。

タイの新年は、3日間にわたって祝います。

  • 1日目:お供え物を買いに行く
  • 2日目:神様先祖を拝む
  • 3日目:赤い服を着て家族や友人を訪ねる

旧正月は、毎年タイの一部で祝われる祝日です。

3日間の特別なお祝いで、2021年は政府の休日にもなっています。

人々は仕事や学校を休んでお祝いをします。

バンコクのチャイナタウンでは、毎年ヤオワラート通りで盛大なお祝いが行われます。

道路は通行止めになり、マハー・チャクリー・シリントーン王女などの王室関係者がお祝いの開会のためにやってきます。

オーストラリア

シドニーにはアジア以外で最大の中国人コミュニティがあり、毎年旧正月にはチャイナタウンで60万人以上の人々がお祝いに参加します。

  • 獅子舞や龍踊り
  • 屋外マーケット
  • パレードなど

楽しい催しが盛りだくさんです。

オーストラリアの他の都市でも旧正月を祝い、マーケットやフード・フェスティバルなど、さまざまな催しが行われます。

ニュージーランド

ニュージーランドのウェリントンやダニーデンで、旧正月を祝うお祭りが開催されます。

北アメリカ

ニューヨークでは、各団体が協力して旧正月を盛大に祝っています。

  • 音楽
  • 花火
  • 特別展示
  • チャイナタウンでのパレード

など楽しい催しが盛りだくさんです。

市長はさらに多くの人が楽しめるようにと、この日を学校の休日にしました。

サンフランシスコの旧正月祭りとパレードはとても特別なイベントです。

この種のイベントとしては北米で最も古く、最も大きなものです。

人々はグラント・アベニューとカーニー・ストリートという2つの特別な通りを、

  • バナー
  • 提灯
  • 太鼓
  • 爆竹

を担いで行進します。

1849年から続いており、50万人以上、テレビでは300万人が観戦しています。

イギリス

ロンドンでは、旧正月を祝うために毎年30万〜50万人の人々が集まります。

  • カラフルな衣装
  • 音楽
  • 花火

でパレードをします。

また、たくさんのおいしい食べ物で大宴会も開かれます。

フランス

パリでは毎年、楽しい催し物でお祝いします。

パフォーマーによるパレード、音楽などなど。

大きなイベントなので、たくさんの人が見に来ています。

オランダ

オランダでは、以下のような都市でパーティーやイベントを行い特別な日を祝います。

  • ハーグ
  • アムステルダム
  • ロッテルダム

インド

中国の新年は、インドのコルカタに住む中国系の人たちによって祝われるお祭りです。

獅子と一緒に特別な踊りを踊って祝います。

パキスタン

パキスタンでは、中国から来た人たちが新年を祝います。

イスラマバードの中国大使館は、パキスタンの人々が中国の文化についてもっと知ることができるような特別なイベントを開催しています。

モーリシャス

モーリシャスでは、毎年旧正月に中国文化が祝われます。

この日は祝日で、全国から集まった人々が、たくさんの楽しいアクティビティや飾りつけで新しい年の始まりを祝います。

中国のモーリシャス人は中国の春節を祝います。

彼らは以下のことをします。

  • 大掃除
  • 仏塔にお参り
  • 家族で大きな夕食をとる
  • 爆竹を鳴らす
  • 赤い封筒を渡す
  • 中国の提灯のような飾りを付ける

祭りの日には、獅子の踊りもします。

旧正月が祝われている国についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読みください。

Reactions

Ad Code