ユリウス暦とは?計算方法から月の名前の由来を簡単に解説!

ユリウス暦とは?計算方法から月の名前の由来を簡単に解説!

世界史や日本史で出て来る「」の話ってややこしくありませんか?

山田花子画像

意味が分からない人も多いはず!

ですが、きちんと意味を理解しておいた方が、確実に覚えやすいでしょう。

ここでは、

  1. ユリウス暦についての基本知識
  2. ユリウス暦の計算方法や精度
  3. 閏(うるう)年や月名について

などを詳しくまとめてみました!

ユリウス暦とは?

ユリウス暦は、共和政ローマの最高神祇官、独裁官、執政官であったユリウス・カエサルにより、紀元前45年1月1日から始まりました。

1年を365.25日とする太陽暦です。

匿名画像

ん、太陽暦?

と思った方は、

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

元々は共和政ローマや帝政ローマ(ローマ帝国)の暦ですが、キリスト教の多くの宗派が採用し、西ローマ帝国滅亡後もヨーロッパを中心に広く使用されました。

ローマ教皇グレゴリウス13世1582年に、ユリウス暦からグレゴリオ暦を制定して実施しました。

山田花子画像

しかし、今でもグレゴリオ暦を採用せずユリウス暦を使っている教会や地域があります。

新たな暦であるグレゴリオ暦について詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

グレゴリオ暦を導入した地域では、

  • グレゴリオ暦=新暦
  • ユリウス暦=旧暦

と呼び分けています。

ユリウス暦の計算方法

実際に地球が太陽の周りを1周する平均日数である

平均太陽年(およそ365.242189 日)=365.25日

とすると、1年を365日とする年と4年ごとに1回366日とする年があります。

365日+1/4(0.25)=365.25(日)…1年間の平均日数(平均年)

月はこれまで古代ローマで使われていたローマ暦のものを基本的に受け継いで、月ごとの日数を調整して合計を平年の365日または閏年の366日としました。

山田花子画像

閏年はローマ暦時代と同じように2月に入れられました!

ちなみに、ユリウス暦は元年と1年経過するごとに加算する「紀年法」ではなく、1か月ごとの日数を決めてから1年の長さと元日を定義する「暦法」です。

ユリウス暦の精度

ユリウス暦と太陽年の差は、2015年時点で

674.832 秒=11分14.832

と1年で約11分あります。

これを、

86 400秒(=1日)/674.832 秒(1年分のずれの時間)=128.032

となるので、約128年に1日のずれが生まれるという計算になります。

山田花子画像

約1280年で10日ものずれが生まれることになりますよね…!

カエサルの活躍した古代ではとても正確な暦でしたが、約1500年が経過した1582年

3人画像

いや、さすがに10日以上のずれは多過ぎっしょ

となり、グレゴリオ暦への改暦が行われたのはこれが理由です。

ユリウス暦の閏年

紀元前45年にカエサルがこの暦法を導入した時、翌年の紀元前44年にカエサルが暗殺されてしまいました。その後、

3人画像

え、閏日ってどこに入れれば…?

と混乱したためか、誤って3年に1回ずつ閏日が入れられました。

この誤りを修正するため、ローマ皇帝アウグストゥスは、紀元前6年から紀元後7年までの13年間に3回分の閏年を停止しました。

山田花子画像

紀元8年からは、閏年を正しく4年ごとに入れられていますよ!

紀元前45年から紀元8年までの間に、どの年に閏年が置かれたのか議論になっていましたが、最新の説では

学者画像

紀元前45年から

となっています。

ユリウス暦の月名

ユリウス暦の1月~12月の月の名前は、ローマ暦のものを受け継いでいました。

例えば、ローマ神話やラテン語の数詞に由来する固有名がありました。

紀元前44年から、7月ユリウス・カエサルの名前に由来して

人々画像

Julius(Iulius)

と呼ぶようになります。

さらに、彼を継いだアウグストゥスが閏年の扱いを修正した時に、彼の名前にちなんんで8月

人々画像

Augustus

となりました。

その名前は形は変われど、現代でも英語・フランス語などのヨーロッパ諸言語にそのまま引き継がれています。

ちなみに、アウグストゥス以降も多くのローマ皇帝が月に自分の名前を付けようとしました。

ローマ皇帝 名称
カリグラ 9月 Germanicus
クラウディウス 3月 Claudius
ネロ 4月 Neroneus

とそれぞれ改名しました。

9月については、アントニヌス・ピウスが「Antoninus」と改名したり、タキトゥスが「Tacitus」と改名しました。

また、11月はピウスの妻の名をとって「Faustina」となったり、「Romanus」となったり。

コンモドゥスに至っては、月に自分の名前を付けるだけでなく、12の月の名を全部変更しました。

そんな改名も、その皇帝の死とともに廃れて行き、すぐに元の月名に戻りました。

山田花子画像

結局ユリウス暦で人名が月名となって残ったのは、7月のJulius(Iulius)と8月の Augustus だけでした!

そんなユリウス暦は、正教会(東方教会)などで現在も使用されています。その内容が気になる方は、

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。


参考:『ユリウス暦