創世記とは?物語のあらすじや登場人物を分かり易く解説!

旧約聖書の『創世記』が面白過ぎる!あらすじと意味を考察

旧約聖書の創世記と聞いて何を思い浮かべますか?

神様が七日間で世界を造ったとされる天地創造はもちろん、アダムとイブノアの方舟バベルの塔など皆さんも聞いたことがあるのではないでしょうか。

これらは全て創世記のお話となります。

旧約聖書の創世記は一体どんな話が含まれているのか。

お話をまとめてみました。

神様による7日間の「天地創造」

神様が世界を七日間で造ったという本当に最初のお話です。

世界を造った工程はコチラ!

1日目 天と地を造った。暗闇がある中、光をつくり、昼と夜ができた。
2日目 神は空(天)を造った。
3日目 大地を造り、海が生まれ、地に植物が生えた。
4日目 太陽と月と星を造った。
5日目 魚と鳥を造った。
6日目 獣と家畜、そして人を造った。
7日目 神はお休みになった。

こうして世界は誕生したのです。

エデンの園追放のアダムとイブ

神が最も最初に造られた人間。

それがアダムです。そして彼の妻としてイブが造られました。

しかし、二人はとある禁忌を犯してしまったので、エデンの園を追放されてしまいます。

アダムとイブの詳しいお話はこちらの記事でご紹介しています。

人類初の殺人「カインとアベル」

人類最初の殺人と名高い物語がカインとアベルです。

アダムとイブの子どもであり兄のカインと弟のアベルですが、カインが農耕、アベルが羊の遊牧を担当することになります。

そして二人がそれぞれ神に捧げものを行った(カインが収穫物、アベルが肥えた羊の初子)ところ、神はアベルの捧げものにだけ興味を示し、カインの捧げものを無視しました。

カイン画像

なんでアベルにばかり神様は贔屓するんだ。アベル…、あいつさえいなければ…!

カインはこのことをひどく恨み、弟のアベルを殺してしまいます。これが人類最初の殺人と言われています。

そして、神にアベルのことを問われたカインは

カイン画像

知りません。私は弟の監視者なのですか?

と言います。これまた人類最初の嘘と言われています。

しかし、大地に流されたアベルの血は神に向かって彼の死を訴えました。

結局、カインはこの罪により、エデンの東にあるノドの地に追放されてしまいます。

また、神はもはやカインが耕作を行っても作物は収穫出来なくなる事を伝えました。

カイン画像

神様、私が追放されてしまったら、きっと誰かに殺されてしまいます…!

追放された土地で何者かに殺されることを恐れたカインに対して、神はカインを殺した者に対しては七倍の復讐がくだることを伝え、カインが誰にも殺されないことを示す刻印を押したと言われています。

バベルの塔とノアの方舟のあらすじ

かの有名なバベルの塔とノアの方舟も創世記の中のお話です。

バベルの塔もノアの方舟も調子にのった人類に対する罰のような傾向が強いお話のように思います。

なぜバベルの塔は崩壊し、洪水は起きなければならなかったのか?

どうぞこちらの記事をご参照ください。

アブラハムに関係したストーリー

人類最初の預言者であるアブラハムに始まるその子孫達の脈々と続く物語の連続です。

神を信じ、神の預言にどこまでも忠実でカナンの地を目指したアブラハム。

アブラハムの子どもでイシュマエルとの壮絶な跡継ぎ争いを行ったイサク。

また、イサクは父であるアブラハムに殺されそうになったこともあります。

イサクの子どもで兄弟争いに巻き込まれ、天使とも戦ったヤコブ。

ヤコブの子どもで監獄から凄まじい出世を遂げたヨセフ。

それぞれの詳細を別記事にしていますので、気になる方はどうぞお読みください。

神により滅ぼされたソドムとゴモラ

人間たちの堕落を見た神が滅ぼすことを決めたソドムとゴモラという街。

なぜソドムとゴモラは滅ぼされなければならなかったのか?

アブラハムの甥であるロトが体験したソドム滅亡の物語とは?

どうぞこちらの記事からお読みください。

いかがでしょうか。

これだけの物語が全て創世記の中で起きています。

本当はもっと色んなことが創世記には描かれていますが、有名なお話だけご紹介させていただきました。

とある人物の一生から街の崩壊の話まで様々なお話があるのが創世記の魅力だと思います!

どうぞご興味があれば他の記事も読んでみてください!


参考:旧約聖書カインとアベル