日本人の先祖はユダヤ人?秦氏という謎の人物に迫る!

日本人の先祖はユダヤ人?秦氏という謎の人物に迫る!

秦氏(はたうじ・はたし)は、大陸から渡来して来た外国人です。応神天皇の時に、10万人以上が日本に来たようです。大和の葛城に一部が、多くは山城に住んでいました。雄略天皇の時には、京都の太秦(ウズマサ)の地に住み着くようになりました。

そんな秦氏とは、一体どのような人物だったのでしょうか?

日本人の先祖はユダヤ人?

秦氏は秦の始皇帝の末裔で、百済から日本に渡来して来たとされています。

彼らは、景教(ネストリウス派キリスト教)の拠点であった中央アジアの弓月国に元々は住んでいました。この景教を信仰し、アッシリア以降の中東のアラム語を話していたとされています。

景教はあくまでキリスト教ですが、ユダヤ教に近いとされています。これにより、秦一族は南王国に由来するユダヤ人という見方が強くあります。ユダヤ人の起源についてもっと詳しく知りたい方は、

こちらの記事も読んでみて下さい。

秦一族には舟の家紋を持つ者が多くいます。10支族の内に、舟の紋章を持つ支族がいることから、その関連性が指摘されています。

日本で実力を付ける秦氏

元々の出身地の影響からか、彼らは「弓月の君(ゆづきのきみ・ゆみつきのきみ)」と呼ばれていました。弓に矢を通した形は、三日月に似ています。なので、

学者画像

月と関係している何かを持っていたのではないか?

とか、

学者画像

弓矢などの武器を扱っていたのではないか?

という憶測が飛び交っています。

また、ユダヤ人と同じように養蚕(ようさん)や絹織物技術に優れていました。他にも、弓月国には「ヤマトゥ」という地や「ハン・テングリ山」という山がありました。「テングリ」は中央アジアの言葉で「」という意味だそうです。

万里の長城建設の時、労役を逃れるために秦氏は日本に数回渡来して来ました。日本酒技術を発展させたり、養蚕で成果を挙げたりして、「ウズマサ」の称号を得たとされています。

こういった絹技術や日本人の知らない西方知識を秦氏は持っていたため、天皇の保護を受け仕えました。そして、最終的に絹事業(ハタ織り)で財をなし豪族となったのです。

秦氏が豪族であったという記録が、今でも残っています。皇極天皇に関する『日本書紀』には、イエス・メシアを表す「ウズマサ」を信仰する豪族として秦河勝という人物が登場します。

仏教勢力から逃れるため、794年に平安京が遷都されました。これ、実は秦氏の力によって作られたと言われてるんですよ。秦氏は、超パワフルな一族でした。

こう考えると、秦氏は日本史にめちゃくちゃ関わっていますよね。その直後に、京都で祇園祭が始まりました。他にも、仁徳天皇陵のような超巨大古墳。こんなのも、秦氏の力があったと言われてます。

古代ヘブライと神社の関係

710年頃に成立したヤハダ神を信仰し、八幡神社を創設したと言われています。八幡神社は749年頃に急に勢力を持ち始め、奈良に上京します。そして、この時初めて「神輿(みこし)」をもたらしたのです。

神輿と言えば、ヘブライの秘宝「契約の箱(アーク)」との関連性が疑われているものです。さらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事も読んでみて下さい。これが神輿の起源で、八幡神社は後に全国に広まったと言われています。

山田花子画像

他にも、ユダヤ関連の共通点が神社にはまだまだありますよ!

秦氏と関係のある八坂神社祇園信仰に、古代ヘブライの信仰と似ている点がいくつかあるのです。

また、八坂神社伊勢神宮の周辺などに、日本各地に伝わる説話や民間信仰である「蘇民将来」にもダビデの紋章が登場します。

元伊勢には、秦氏関係する神社が数多くあります。例えば、京都の松尾大社や下鴨神社です。下鴨神社では、皇室の儀式をよく執り行っていたそうです。

匿名画像

神社神道の起源は、そもそも仏教寺院に影響されてんじゃね?

という意見もあります。しかし、神道仏教からどう広がって行ったかはよく分かっていません。また、神道信仰はどう考えても、古代ヘブライの信仰に似ているとしか思えないことが多々あります。

日本に隠されたユダヤの秘密

ここでは、日本とユダヤが関連している数々の証拠をリストとして紹介して行きます。

  • 八幡神社の「ヤハタ(Yahawada)」とは、アラム語で失われた支族のユダ族を意味します。
  • 秦公伊呂具は稲荷神社を建てたとされています。イナリという言葉にも、きちんと意味があります。それは、ラテン語でキリストの別称を意味します。
  • 京都太秦の大酒神社(おおさけじんじゃ)は、かつて「大辟神社」と言われていました。この「大辟」は、中国で「ダビデ」と意味したそうです。
  • 豪族の秦河勝が出身地の弓月から持って来たという「胡王面(異国の王の面)」は、ユダヤ人あるいは天狗のように鼻が高いのだそうです。
  • 京都の太秦(ウズマサ)。アラム語・セム語で「イシュ・マシャ」という似たような言葉があります。これは、イエス・メシアを表す言葉なんだそうです。他にも、太秦にある秦氏の神社には、三位一体神を意味する三柱鳥居という変わった鳥居があります。

秦氏に関しては、まだまだ疑われている事も多く、古代ヘブライと日本の神道の関係性をはっきりと断定する事が出来ません。しかし、ここまで共通点が多いのも事実です。

日本人のルーツが、実は失われた10支族の内の一つとする説。さらに詳しく知りたい方は、

ぜひこの記事も読んで下さい。自分たちの祖先が誰なのか?という好奇心を満たしてくれるはず!


参考:日ユ同祖論