Ad Code

ピックアップ

6/recent/ticker-posts

「エレシュキガル」とは?冥界の女王についてつの3つの神話

冥界のような洞窟

エレシュキガルは冥界の女王で、イルカラとも呼ばれます。

メソポタミア神話に登場する女神で、他にもいくつかの神話で重要な役割を担っています。

冥界は怖いところですが、決して邪悪なところではありません。

エレシュキガルにはいろいろな解釈があります。

ある人は彼女を、複雑なストーリーの下にある死の擬人化だと見ています。

しかし、実際の彼女はそれ以上の存在なのです。

ここでは、あなたがエレシュキガルについて知らないかもしれないことをいくつかご紹介していきます!

エレシュキガルとは?

エレシュキガルは冥界の女王であり、イルカラとしても知られています。

メソポタミア神話でも有名な神々を家族に持ち、家族関係は以下のようになります。

  • 父:天空神であるアヌ(もしくは大気神のエンリル
  • 妹:イシュタル(シュメールのイナンナ

姉妹はそれぞれ、死と生という対極の属性を司ることから対立関係にあり、決して仲は良くありません。

配偶神は、疫病と死を司る冥界神ネルガルとなります。

最初はネルガルの事を殺したいと思うほどの憎しみがあったエレシュキガル。

しかし、最終的には大恋愛の末に二人は結婚します。

そんなエレシュキガルとネルガルの大恋愛について詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読みください。

メソポタミア神話って何?

メソポタミアは、チグリス川とユーフラテス川が合流する中東の古代地域です。

バビロンやアッシリアをはじめとするいくつかの文明がこの地で栄えました。

神話は日常生活の重要な一部であり、神話は過去に起こった現実の出来事として理解されていたのです。

最も有名な神話には、ギルガメシュや大洪水があります。

しかし、イナンナとエレシュキガルの物語も非常に重要です。

この物語は、メソポタミア文化で非常に重要な位置を占めていた冥界を舞台にしています。

そんなメソポタミア神話について詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読みください。

イナンナの冥界下りの背景

イナンナは豊穣、愛、戦争を司る女神です。

また、非常に強力で独立した女神でもあります。

物語の冒頭で、イナンナは姉のエレシュキガルを訪ねて冥界に旅立ちます。

人々画像

死者の魂は長く曲がりくねった道を通って、暗くて恐ろしい場所である冥界に行かなければならない

と古代の人々は信じていました。

そんな恐ろしいとされている冥界でのイナンナとエレシュキガルの物語についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読みください。

他のメソポタミア神話の神々についてご紹介した記事もありますので、

よろしければ併せてお読み下さい。

Reactions

Ad Code