カイロネイアの戦いはなぜ起こった?分かり易く丁寧に解説!

カイロネイアの戦いはなぜ起こった?分かり易く丁寧に解説!

カイロネイアの戦いとは、マケドニア王国と、ギリシアのポリス(都市国家)であったアテナイ・テーバイ連合軍の間で戦われた会戦のことを言います。そんなマケドニア王国の歴史についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事を先にお読み下さい。それでは、このカイロネイアの戦いとは、一体どのようなものだったのでしょうか?一緒に見て行きましょう!

カイロネイアの戦いはなぜ起こった?

マケドニア王国の王であったフィリッポス2世は、ギリシアでの影響力を強めていました。影響力を強めるきっかけとなったのは、ペロポネソス戦争によるものでした。

匿名画像

ペロポネソス戦争?何それ、よく分からないよ!

と思った方は、まず先に

こちらの記事をお読み下さいませ。

このマケドニア王国の動きに危機感を感じたギリシアの政治家デモステネスは、

デモステネス画像

マケドニアの動きがヤバイよ!ギリシアで一致団結して戦わないと

と主張しました。そして、テーバイと同盟を組んだアテナイは、マケドニア王国とカイロネイア近郊で戦いました。

テーバイの神聖隊が壊滅

この戦いには、後のアレクサンドロス大王も参加していました。

匿名画像

アレクサンドロス大王って?

と思った方は、こちらの記事をお読み下さいませ。

結果的には、マケドニア軍の圧勝でした。

山田花子画像

特にテーバイの神聖隊は、300人中254人が戦死したそうです…。

この神聖隊とは、ギリシア最強と言われた精鋭歩兵部隊でした。この神聖隊は男性の同性愛カップルで成り立っていました。

なぜ男性同士のカップルを採用したかというと、

男画像

愛する相手に惨めな姿を見せず、相手の恋人を守って戦うだろう

と考えられていたからです。

コリントス同盟の結成

この戦いの後、フィリッポス2世はコリントス同盟を結成しました。この同盟には、スパルタを除いた全ポリスが参加します。

王様画像

フフフ、これでわがマケドニア王国がギリシアのほぼ全部を支配したも同然

とフィリッポス2世が思えるほど不平等な同盟でした。コリントス同盟により、

人々画像

ペルシア戦争はギリシアに多大な損害を与えた。この復讐として、ペルシアを討伐しよう!

と会議で決められました。そして、各ポリスの兵士はマケドニア王国に派遣されます。この兵士たちは、「人質」としての意味も果たしました。

フィリッポス2世が暗殺された後は、息子であるアレクサンドロス大王がコリントス同盟のリーダーを引き継ぎました。

スパルタは同盟不参加

コリントス同盟に参加する意思も見せなかったスパルタに、フィリッポス2世は脅しの意味も込めて次のような手紙を送りました。

王様画像

もし私が攻め入れば、スパルタは破壊し尽くされ、二度と再興することはないだろう

これに対してスパルタも返事を書き、それがフィリッポス2世の元に届けられました。

スパルタ画像

もし

たったこれだけでした。当時、スパルタ地方では簡潔な表現を用いる習慣があり、この一言に

スパルタ画像

もし(侵攻したらの話だが)

という意味合いが含まれていました。つまり、フィリッポス2世の話はあくまで仮定の話であるということを強調することによって、スパルタはマケドニア王国に攻めさせないということを暗に示したのです。

スパルタ vs マケドニア

アレクサンドロス大王が東方遠征をしている時に、スパルタは反乱に立ち上がりました。

ちなみに、アレクサンドロス大王が東方遠征で何を行っていたかを知りたい方は、

こちらの記事をどうぞ!

スパルタ王は、ペルシアの将軍にアレクサンドロス大王との戦争計画をもちかけました。

男画像

ふむ、確かにあのアレクサンドロスとかいう若造は強い。よし、その計画乗った!

ペルシア帝国スパルタを支持して、多額の軍資金を援助しました。そして、マケドニア軍と戦います。

始めはスパルタ軍も強く優勢だったのですが、2倍以上の兵力差があったため、だんだんと劣勢になって行きました。そして、ついにスパルタ王は、

スパルタ王画像

くっ…、このままだと我らの敗北は目に見えている。お前たちだけは、どうか生き延びてくれ

と部下たちにそう命令しました。そして、自らは武器を手にして戦い続け、ついには英雄的な最期を遂げたのです。その後、スパルタはコリントス同盟に強制的に参加させられました。


参考:カイロネイアの戦い神聖隊コリントス同盟