クリスマスの名前の由来とは?そもそもの本当の意味って?

クリスマスの名前の由来とは?そもそもの本当の意味って?

クリスマスと聞いて、皆さんは何を思い浮かべるでしょうか?家族でクリスマスを過ごす人もいれば、恋人と2きりで甘い夜を過ごす人もいるでしょう。あるいは、クリスマス関係なく働いてる人もいるでしょう。

どんな人であれ、「クリスマス」と聞くと何か特別な日だというイメージは持ち合わせているはず。そんなクリスマスを何気なく祝っている時に、ふと

匿名画像

そもそもクリスマスは何を祝ってるの?

と思った事はないですか?ここでは、クリスマスについてさらに深く考えてもらおう!そんな趣旨で書いています。

クリスマスの名前の由来とは?

クリスマスとは、「キリストのミサ」という意味です。キリストの誕生を祝う祭りではあるのですが、重要なのはイエス・キリストの誕生日ではないということです。ちなみに、キリスト教で最も大切なお祭りは、クリスマスではなく復活祭です。

正教会の中でも、ユリウス暦を使用するところがあります。その場合は、ほとんどの国が使用しているグレゴリオ暦の1月7日にクリスマスを祝います。

ユリウス暦とグレゴリオ暦の根本的な違いについては、太陰暦と太陽暦についての記事を読めば、より理解が深まるかと思います。

ぜひ、こちらの記事も併せてお読み下さいませ。

さて、キリスト教以前からあるユダヤ教暦やローマ暦、これらを引き継いだ教会暦では、現代と違って日没を1日の境とするので、12月24日のクリスマス・イヴの日没からクリスマスとなります。終わりは、12月25日の朝あるいは日没までと暦によって違います。

イエス・キリストはいつ産まれた?

新約聖書には、イエス・キリストの誕生日について特に何も書かれていません。

イエスがヘロデ王の代に、ユダヤのベツレヘムでお生れになったとき、見よ、東からきた博士たちがエルサレムに着いて言った、「ユダヤ人の王としてお生れになったかたは、どこにおられますか。わたしたちは東の方でその星を見たので、そのかたを拝みにきました」。

マタイによる福音書第2章第1・2節(口語訳聖書)

恐れるな。見よ、すべての民に与えられる大きな喜びを、あなたがたに伝える。きょうダビデの町に、あなたがたのために救世主がお生まれになった。このかたこそ、主なるイエス・キリストである。

ルカによる福音書第2章第10・11節(口語訳聖書)

匿名画像

イエスがいつ産まれたのか?

その疑問は、古代からキリスト教の中でずっとありました。しかし、彼の誕生日は未だ謎に包まれています。

クリスマスはいつ生まれた?

古代ローマの宗教の一つであったミトラ教で、12月25日は「不滅の太陽が生まれる日」とされていました。そして、その太陽神ミトラを祝う冬の祭りがあり、

学者画像

それがクリスマスの起源になったのではないか?

と言われています。そんなキリストの生誕祭も、遅くとも西暦354年には始まっていました。これとは別に、西方教会では1月6日にキリストの誕生を祝う公現祭が行われました。

サンタクロースは、キリスト教の聖人である聖人ニコライ(ニコラウス)の伝説が起源とされています。さらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。

クリスマスツリーの習慣は、中世ドイツの宗教劇であった神秘劇で、アダムとイヴの物語を演じた時に使用された樹木に由来している言われています。そのクリスマスツリーに飾りやイルミネーションを施したのが、19世紀以降のアメリカが始まりです。

世界のクリスマスの祝い方

クリスマスはキリスト教だけでなく、多くの人の年中行事として楽しまれています。

カトリックの影響の強い国では、クリスマスは12月25日に始まります。そして、1月6日の公現祭で終わります。

23日頃にクリスマスの飾り付け、24日にクリスマス・イヴの夜を祝い、飾り付けは1月6日を過ぎてから取り払われて全て終了です。

こういったクリスマスは、主にイタリア、ポーランド、フランス、スペインなどで行われます。

山田花子画像

ここでは、代表的な国々のクリスマスの祝い方をご紹介して行きます!

フランスのクリスマス

フランスの多くの教会堂で、キリストが誕生した時の様子を表した「降誕場面」の模型が飾られます。フランスの大人たちは、12月初旬からクリスマスにかけて、愛情いっぱいのクリスマスカードを送り合います。一方、子供たちは1月6日に少し遅めのプレゼントを貰います。

イタリアのクリスマス

イタリアのほとんどの地域では、プレゼントを持って来るのはサンタクロースではなく、魔女のベファーナとされています。

ドイツのクリスマス

オランダやドイツの一部地域などでは、12月6日をサンタクロースの起源である「ニコラウスの日」としています。そして、子供たちはその日にプレゼントを貰うのです。

ドイツでプレゼントを持って来るのは、北部ではサンタクロース、南部ではクリスマスの天使であるクリストキントです。1年間良い子にしていたら、その子供はプレゼントを貰えます。逆に悪い子であれば、石炭を与えられたり、木の枝で叩かれる地域もあるそうです。

北欧のクリスマス

北欧のクリスマスは独特です。冬祭りがキリスト教と合わさって、クリスマスのことをユールと呼ぶようになりました。そして、北欧のクリスマスは聖ルチア祭から始まっています。

また、古代ゲルマンの冬まつりの影響が未だ強く、ワラで作ったヤギを飾ったり、妖精がプレゼントを持って来てくれるなど、独自の習慣が見られます。

イギリスのクリスマス

アメリカでもそうなのですが、イギリスではクリスマスの日は基本的に家族と過ごします。クリスマスよりずいぶん前から色々とその日のために準備をします。飾り付けなどの準備を家族とやる事で、

家族画像

今年も、家族と一緒に過ごせて良かったなぁ…(´ー`)

と思えるのです。クリスマスの当日は家庭料理が一般的で、外出するのはクリスマスミサに参加するために教会に行くぐらいです。

イギリスでは、12月25日にサンタクロースがプレゼントを持って来ます。クリスマスの日には、台所周辺にヤドリギが飾られ、その下に偶然にも女性が立った場合、その女性にキスしても良いとする習慣が19世紀を中心にありました。

アメリカのクリスマス

アメリカや日本は、イギリス流のクリスマスを受け継いでいます。

アメリカでは、クリスマス前日に挨拶にと絵はがきやカードを送ったり、プレゼントを家族全員で交換し合う習慣があります。

1990年代から、宗教的中立の観点によりクリスマスを祝わない人に「メリー・クリスマス」の代わりに「ハッピー・ホリデーズ」の挨拶を使う場合があります。

1990年代後半から、政教分離の原則のもと、公共の場所に飾られたクリスマスツリーを「ホリデーツリー」と言い換えることもありました。しかし、これに関しては一部のキリスト教徒たちが批判しています。

また、1960年代からアフリカ系アメリカ人の間で、クリスマスの翌日にアフリカ民族の伝統を祝う「クワンザー」という行事を、家庭で祝うことが多くなって来ています。

ロシアのクリスマス

正教会圏内のロシアでは、クリスマスは「冬祭り」、サンタクロースは「マロース爺さん」と呼ばれています。マロース爺さんは、雪娘のスネグーラチカを連れているとされています。

ロシア正教会やセルビア正教会などのクリスマスは1月7日です。この日が、ユリウス暦では12月25日となるのです。

宗教弾圧が行われていたソビエト連邦では、表向きにクリスマスが祝われる事はありませんでした。ソ連が崩壊した後、旧ソ連諸国でようやくクリスマスが大々的に祝われるようになったのです。

そもそもクリスマスは、キリスト教を起源にしているので、かなり宗教色の強いイベントです。そのクリスマスに対して、ローマ教皇は

ローマ教皇画像

昨今の消費社会の中で、クリスマスは汚れてしまった。キリストが生まれた貧しい馬小屋を今の私たちが見た時、一体そこから何を学べるのだろうか…。

と今の商業化してしまったクリスマスを嘆き哀しんでいるのです。

他にも、日本におけるクリスマスの在り方について書いた記事もあるので、

ぜひこちらも参考にお読み下さいませ。


参考:クリスマス