ハンムラビ法典の倍返しが怖い?あらすじと内容を解説!

ハンムラビ法典の倍返しが怖い?あらすじと内容を解説!

ハンムラビ法典が発布されたのは紀元前のお話。

完全な形で残る法典としては、世界で2番目です。

そんなハンムラビ法典は、「目には目を、歯には歯を」という復讐法の原則に立つ刑法です。

山田花子画像

そう聞くと、何だか怖いですよね。

この記事では、

  • 復讐法と恐れられるハンムラビ法典について
  • ハンムラビ法典の簡単なあらすじや内容
  • ハンムラビ法典と旧約聖書との関係性

についてより詳しく解説しています。

匿名画像

倍返しが怖い…

と言われるほど、ハンムラビ法典は果たして本当に最低な法典だったのでしょうか?

ハンムラビ法典とは?簡単まとめ

当時、バビロニアを統治していたのがハンムラビ王でした。

その後に、メソポタミアに勢力を拡大し、バビロニア帝国の初代王となります。

その王様の名前にちなんで作られた法典こそが、「ハンムラビ法典」なのです。

その中身は、

  • 前書き(ハンムラビの業績)
  • 本文
  • 後書き(彼の願い)

の3部構成となっています。

本文は282条からなり、その一部の内容は失われています。

このハンムラビ法典は、商業・農業・犯罪・結婚・相続などの社会経済の様々な分野に関する条文を含んでいます。

数多くのコピーが作成され広く行き渡ったのですが、この法典に基づいて裁判を行った記録はありません。

山田花子画像

実際には、模範判例集に近いものであったとされています!

しかし、ハンムラビ王自身は領内の裁判を監督し、場合によっては自ら裁定を下していたそうです。

ハンムラビ法典の倍返しが怖い?

ハンムラビ法典は、「目には目を、歯には歯を」というフレーズで有名です。

その意味合いは、被害者や加害者の身分によって刑罰に違いを付けて、刑を多く科したんだそうです。

言ってしまえば、身分による不平等な刑罰を記した法律書だったんですね。

これが、現代では

匿名画像

残酷だ!

と言われている理由です。ある研究者によると、

学者画像

ハンムラビ法典は、ハンムラビ王の威厳を示すために、王としてどのような法改正を行うか強く表明したもの

と述べています。

つまり、犯罪に対して厳罰を加えることが目的ではないんです。

刑罰以外にも、

  • 財産の保障
  • 奴隷解放
  • 女性の権利

も認めていました。

ハンムラビ以後の慣習では、女性の権利は制限されます。

なので、このハンムラビ法典はかなり異例でもありました。

元々、バビロニアに支配されたシュメール人女性の地位は高かったので、その影響もあったかもしれません。

この法典の刑罰に関して、以前までは乱暴で荒々しい刑罰とされてきました。

しかし、最近では

学者画像

倍返しを禁じ、同等の懲罰にとどめて、やられたらやり返すという連鎖拡大を防ぐ役割があったのでは?

と見られています。

つまり、事前犯罪に対して与えられる限りの刑罰を課す事によって犯罪を防ぐことこそが、この条文の本来の意味だったのです。

ハンムラビ法典のあらすじと内容

ハンムラビ法典について、私たちの価値観そのままを当てはめて考えることは出来ません。

ですが、この法典は当時としては男女平等や人権擁護と同じような意味合いを持つ条文とも言えます。

また、犯罪の遭った被害者や遺族に対して加害者側に賠償を命じたり、加害者が分からない場合は国のお金で損害補償をしたりしていました。

山田花子画像

さらに、被害の重さ軽さによって賠償額まで定めていたんですよ!

と言っても、この時代は通貨が存在しなかったので、銀の重さを単位にしていたようです。

ハンムラビ法典は

匿名画像

太陽神からハンムラビ王に授けられた

と伝えられていますが、宗教的に偏った内容ではありません。

身分階級による刑罰の差はあるのですが、人種・宗教差別はなかったのです。

あとがきには、

強者が弱者を虐げないように、正義が孤児と寡婦(夫を失った独身の女性)とに授けられるように

とあります。

ハンムラビ法典は、厳しさだけでなく弱者に対する愛を持って作られた法律書だという事が分かりますね。

ハンムラビ法典と旧約聖書の関係

ハンムラビ法典は『モーセの律法書』の基になったという説もあります。

なぜなら、旧約聖書にも「目には目を、歯には歯を」というフレーズがあるからです。

山田花子画像

しかし、その内容は大きく違います!

両方の内容をまとめてみると、

  • ハンムラビ法典:身分の違いによって刑罰が変わる
  • 旧約聖書:倫理的な罪の方が重い処罰

となります。

例えば、旧約聖書の中では物品の損害などのような商業的な罪は、倫理的な罪と比べて罪が軽いのです。

山田花子画像

内容は違えど、聖書にも同じフレーズが出現しているあたり、関連性は高そうですけどね!

もしハンムラビ法典と旧約聖書に関連があるのであれば、どういった経緯で引用されたのかを知りたいものです。

そんなハンムラビ法典と関わり(?)がある『モーセの律法書』についても詳しく知りたい方は、

こちらの記事をご覧ください。

他にも、ハンムラビ法典が作られた古バビロニア時代の歴史についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事も一緒にお読み下さい。

メソポタミア文明には、他にもまだまだ数多くの歴史があります。

メソポタミア文明の歴史をさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。


参考:『ハンムラビ』・『ハンムラビ法典