バレンタインチョコは日本だけ?海外とのバレンタインの違い

バレンタインチョコは日本だけ?海外とのバレンタインの違い
女の子画像

バレンタインデーって、チョコを買うか作らないといけないから面倒臭いよね

と思っている方!

実は、バレンタインデーにチョコレートを贈るのは、日本だけって知ってましたか?

そもそも、何故日本がバレンタインチョコを渡す習慣を持ったのかを知りたい方は、

これらの記事をお読み下さいませ。

この記事では、日本と特徴のある海外とのバレンタインの違いを、より詳しく紹介して行きます。それでは、一緒に見て行きましょう!

日本のバレンタインデー

日本では、意中の男性に

女の子画像

す、好きです…!!これ、受け取って下さい!!!

と女性が告白して本命チョコを贈る習慣があります。この日本型バレンタインデーの特徴としては、

  • 男性からではなく女性から贈るのがほとんど
  • 贈るものはチョコレートに限定されている

という点が挙げられます。

山田花子画像

最近では、クッキーやケーキ、マフラーなどを贈る人もいるようですよ!

他にも、日本では色々なチョコの渡し方があります。まとめますと、

  • 義理チョコ:恋人以下の友だちに贈る
  • 友チョコ:同性の間で贈り合う
  • 逆チョコ:男性が女性に贈る
  • 自己チョコ:自分で買って食べる
  • 強敵(とも)チョコ:男性が男友達に贈り合う

さらに、職場の贈り合い文化が強い点やキリスト教との直接的関連がほとんどない点も、日本型バレンタインデーの特徴です。

欧米諸国のバレンタインデー

西ヨーロッパなどでは、男女ともに花やケーキ、カードなどの贈り物を恋人や親しい人たちに贈ります。

イギリスではカードに、

男画像

From Your Valentine(あなたのバレンタインより)

男画像

Be My Valentine.(私の恋人になって)

と書いたりもします。

欧米諸国では、日本のようにホワイトデーという習慣はありません。なぜなら、このホワイトデーは営利目的の為に日本で考案されたものだからです。このホワイトデーについてもっと詳しく知りたい方は、

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。

欧米諸国でも恋人やお世話になった人にチョコレートを贈ることはありますが、決してチョコ限定ではありません。また、バレンタインデーに限ったことでもありません。

正教会地域のバレンタインデー

バレンタインデーの起源となった、ウァレンティヌスを崇め敬う正教会の広がる地域では、西欧文化の影響を受けるまで2月14日のバレンタインデーという習慣はありませんでした。

ちなみに、バレンタインデーのきっかけとなった「ウァレンティヌス」という人物について詳しく知りたい方は、

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。

そもそも正教会の暦では、3世紀に2名の聖職者ウァレンティヌスが亡くなったのは7月あるいは8月とされています。

また、3世紀に命を落とした聖ウァレンティヌスはもう1名いますが、彼は聖職者ではなく、現代のブルガリアにおける兵士でした。彼が亡くなったのは、4月あるいは5月です。

山田花子画像

どの聖ウァレンティヌスであっても、バレンタインデーに恋人と関連付けるイベントは正教会において特に行われません。

教会(正教会)内では祝われなくても、商業主義によって教会とは無関係のバレンタインデーが広がる傾向はあるようです。

サウジアラビアのバレンタインデー

サウジアラビア人のほとんどが近年まで、

人々画像

バレンタインデーって何?

とその存在そのものを知りませんでした。しかし、近年の外国文化の流入により

人々画像

あぁ、バレンタインデーね!知ってるよ

と一般的に認知されるようになって行きました。

しかし、サウジアラビアの最高位である宗教指導者が、

男性画像

バレンタインデーは偶像崇拝を行うキリスト教の祝う祭りだ。アッラー(神)を崇拝するムスリム(イスラム教徒のことを言う)がこの祝祭を祝うことは許されない。アッラーの怒りと罰を恐れ、この祝祭を忌み嫌い否定することがムスリムの義務である

とバレンタインデーの禁止を表明しました。

これに対して、サウジアラビアの宗教警察は

男性画像

バレンタインデーは、イスラム教の教えに背くものだ!

として本格的に禁止したり、店頭からバレンタインデー関連の商品を撤去させたりしました。

しかし、宗教的禁止にも関わらず、多くのサウジアラビア人達はバレンタインデーを行い、バレンタインデー関連の商品も負けずと販売されています。

そんなバレンタインデーも、2018年にはイスラム法において

裁判画像

合法

との見解が出されました。

そんなバレンタインデーについてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。


参考:バレンタインデー