節分とは?本当の意味や由来(起源)を簡単にまとめてみた。

節分とは?本当の意味や由来(起源)を簡単にまとめてみた。

節分と言えば、鬼の仮面を被った人に豆をぶちまける行事ですよね。その節分について

匿名画像

そもそも、何でこんな行事があるの?

と思った事はないでしょうか?さらに、この節分はいつからやられているのでしょうか?そんな節分について、ここからさらに詳しく見て行きましょう!

節分の由来

節分は、雑節の一つです。雑節とは、季節の移り変わりを正確に理解するために作られた特別な暦日のことです。

各季節の始まりを、立春・立夏・立秋・立冬と呼びます。これらの季節の始まりの前日を節分と呼ぶので、季節を分けることも意味しています。

江戸時代以降は、特に2月4日頃の立春の前日を指す場合が多くなります。

太陰太陽暦では、元日(旧正月)と立春は共に新年と捉えられていました。

匿名画像

太陰太陽暦って何?

と思った方は、ぜひこちらの記事を参考にして下さい。

したがって、旧暦である12月末日(大晦日)と立春前日の節分は、共に年越しの日とされ、今でも節分を「年越し」や「年取り*」と呼ぶ地域があります。

*旧暦を使用していた時は、数え年という生まれた日を1歳として、誕生日に関係なく新年を迎える数え方をしていました。数え年についてさらに詳しく知りたい方は、

数え年とは?数え年の計算方法や数え方を分かりやすく解説!

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。

節分とは?

一般的には、

少女画像

鬼は外、福は内

と声を出しながら福豆(煎り大豆)をまき散らし、年齢の数、あるいはその数より1つ多く豆を食べ厄除けを行います。

また、柊(ひいらぎ)の小枝と焼いた鰯(いわし)の頭である柊鰯(ひいらぎいわし)は、魔除けとして使われます。

柊の葉の棘が

鬼画像

痛っ!!

と鬼の目を刺すので、家の出入り口から鬼が入れません。また、塩鰯を焼く臭さと煙で

鬼画像

臭いし前見ないぜ、くそっ…!!

と鬼が近寄らないと言われています。

節分の起源

節分に鬼をどうしてそこまで気にするのか?それには、こんな理由がありました。

人々画像

季節の変わり目には、邪気(鬼)が出るんだよ…

と昔は考えられていたのです。そして、それを追い払うために悪霊払いの行事が行われました。

また、節分は宮中の年中行事でした。平安時代には、色を付けた土で作成した牛と子供の人形を平安京の宮城である大内裏(だいだいり)の各門に飾っていました。

山田花子画像

各門によって、それぞれの色が違ったようです。

冬から2月4日の節分の日まで、その人形は飾られます。

宮中の追儺

このような人形を飾る風習は、平安時代頃から行われている「追儺(ついな)」から生まれました。追儺とは、大晦日に行われる鬼を払う宮中の年中行事です。

追儺は元々、中国から伝わって来た行事でした。それが日本にも定着して行き、現在の節分の形となったのです。

山田花子画像

706年にこの追儺が始まり、だんだんと炒った豆で鬼を追い払う行事へとなって行きました。

このような宮中の年中行事が庶民にも広がった頃から、夕暮れに柊鰯(ひいらぎいわし)を戸口に立てておいたり、寺社で豆まきをしたりするようになりました。

節分の日付

簡単に言いますと、節分の日付は明確には決まっておりません。

山田花子画像

それでは、何故日付が決まっていないのでしょうか?

現在は毎年2月3日ですが、これは1985年から2020年までで、常にそうではありません。2021年からは2月2日になります。

節分の元である立春は、天体の運行に基づいているので、日付は年によって違います。また、未来の日付もこの運行予測による予測しか出来ません。

そんな節分の日付は、何十年という単位でだんだんと前倒しになって行きますが、4で割り切れても閏年とならない1900年、2100年、2200年などの翌年に1日遅れて帳消しとなります。

節分の日に行われる豆まきについても、さらに知りたい方は、

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。


参考:節分