Ad Code

ピックアップ

6/recent/ticker-posts

シラ書とは?内容や聖書での意味について分かりやすく解説!

シラ書っぽい画像

シラ書』は何世紀にもわたって多くの人々の精神的な導きとインスピレーションの源となってきました。

この本は、賢者の言葉、ことわざ、倫理的な助言に満ちており、多くの宗教団体で学習や思索の対象として好まれてきました。

この記事では、『シラ書』の歴史や意味についてご紹介します。

初心者でも専門家でも、この重要なテキストをよりよく理解するのに役立ちますよ!

シラ書とは?

『シラ書』とは、ベン・シラという人が書いた古代の書物です。

ヨシュア・ベン・シラは、約1000年前に本を書いたユダ派の書記です。

彼はエルサレムに住んでいましたが、エジプトで書いた可能性もあります。

彼は当時の作家の中で唯一、自分の作品に署名をした人物です。

プロローグはベン・シラの孫が書いたものです。

書かれたのは紀元前132年です。

良い人間になるための教えがたくさん書かれており、彼の孫によってギリシア語に翻訳されました。

とても重要な書物で、今日でも研究されています。

正典の位置づけ

シラ書は古い書物ですが、一部のキリスト教会では聖書の一部として受け入れられています。

教訓を与え、人生について学ぶために使用されています。

また、初期キリスト教の著作の中にも言及されています。

カトリック教会では、1546年に聖書の一部であると決定しました。

あるユダヤ人はこの本を重要な本だと考え、ユダヤ教の聖典を集めた七十人訳聖書に入れました。

しかし、他のユダヤ人や教会の中には、この本を重要な書物とは考えず、書物集から外してしまったところもあります。

シラ書の構造

シラ書は知恵に関する書物です。

  • どのように賢く生きるか?
  • なぜそれが重要なのか?

について書かれています。

従順で神を信頼する方法など、知恵のさまざまな側面について説明するセクションに分かれています。

また、古代イスラエルの歴史上の英雄についても書かれています。

シラ書の内容

シラの知恵は、親切で礼儀正しく、他人のために良いことをすることを学ぶのに役立つ、倫理的な教えを集めたものです。

  • 家族
  • 友人
  • 周囲の人々

に対して善良であることを教えています。

また、神に対して尊敬の念を持つことも教えています。

この本には、人に親切にし、役に立つにはどうしたらよいかを示す物語や助言があります。

また、奴隷をどのように扱うべきかということも書かれていますが、これはもはや私たちが行うことではありません。

また、病気になったら医者に行くべきだという、昔の人とは違う考え方も書かれています。

シラク書は『コレヘトの言葉』と同様に、

  1. 信仰と道徳に基づく生き方
  2. 近代的な考え方に基づく生き方

の2つについて語っています。

現代的な考え方の中には間違っているものもあり、この本はその理由を説明しています。

この本はまた、祈りについて、そして神がいかに賢明で偉大であるかについても語っています。

最後に、2つの賛美歌があります。

また、旧約聖書の中のいくつかの書物についても触れています。

研究者はこの本で、ユダヤ教の正典がどのように発展してきたかを学ぶことができます。

言語と呼び方

『シラ書』はベン・シラと呼ばれる著者によってヘブライ語で書かれた知恵の教えやことわざのコレクションです。

ヘブライ語の原典は保存されていませんが、死海文書カイロ・ゲニザから断片が発見されています。

シラ書はギリシア語から翻訳され、七十人訳聖書に受容された古代の書物です。

  • シラの知恵
  • シラの息子ヨシュアの書

と呼ばれることもあります。

また、教会でよく使われたことから、「教会」という意味の「エクレジアスティカス」とも呼ばれます。

バビロニア・タルムード』は大昔の話や思想が書かれた本です。

『ベン・シラ』という書物に言及することもありますが、一字一句引用しているわけではありません。

ユダヤ教のシラ書

『シラ書』はユダヤ教の聖典には含まれていませんが、重要な書物として読まれ、議論されてきました。

他の重要な本と比較して、読んでいいものかどうか議論になったこともありました。

シラ書は聖書の中の一冊ですが、人々はユダヤ教の礼拝の二つの重要な部分を作るのに役立てました。

誰かがユダヤ教の祭日であるヨム・キプルの礼拝のためにシラ書を基にした詩を書きましたが、それがヨム・キプルとは関係ないと考える人もいます。

学者画像

ユダヤ教の最も重要な祈りであるアミダのためにシラ書が使われた

と考える人もいますが、全員が同意しているわけではありません。

新約聖書のシラ書

新約聖書には、『シラの知恵』という書物に出てくる言葉と似たような考え方があります。

この本は、新約聖書のいくつかの箇所で言及されています。

例えば、イエス様がこの本の中の何かと似たようなことを言われた時などです。

学者たちは聖書とシラ書を研究し、両者の間に多くの類似点を見出しました。

また、シラ書にはダビデに特別な約束を与えたことが書かれており、ダビデの一族から永遠に続く根について言及されています。

この根は、イエスを指し示す特別なしるしのようなものです。


旧約聖書のあらすじを漫画で分かり易くまとめたものがあります。

イラストで旧約聖書をざっと理解したい方は、

旧約聖書 (まんがで読破) 文庫
「光あれ」神の一言で世界ははじまった。天地創造ののち、神は男女一組の人間を造り上げた。月日は流れ繁栄を極めた人間は次第に神の栄光を忘れ、傲慢になっていく。そして神はついに人間を滅すことを決意する。世界でもっとも多くの人に愛され続み継がれている宗教書・歴史書を漫画化。

こちらの本もぜひ読んでみて下さい。


旧約・新約聖書のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教までを1冊の本でまとめたものがあります。

聖書の基本から発展編まで、さらに深く知りたい方には持って来いの本なので、

この一冊で「聖書」がわかる! Kindle版
世界最大、2000年のベストセラー!地図・絵画も満載!イェルサレムはなぜ三つの宗教の聖地になった?モーゼの「十戒」とは?イエズスの“復活”の真実!「福音書」「黙示録」には何が書かれているのか?人間の「罪」と「愛」とは?イスラム教はどのようにして生まれたか?迫害されたキリスト教がなぜ世界最大の宗教になったのか?すべての疑問に答える最強の入門書!

気になる方は、こちらの本もぜひ読んでみて下さい。

Reactions

Ad Code