Ad Code

ピックアップ

6/recent/ticker-posts

旧約聖書の『マカバイ記』のあらすじや特徴について解説!

イスラエルのシャマシュ画像

マカバイ記の歴史は、古代ユダヤ教を探求する上で魅力的で示唆に富むものです。

この聖書は当時のユダヤ人の信仰と習慣についてユニークな洞察を与えてくれます。

ギリシア・シリア王国への反乱を成功させたマカバイ戦争の物語です。

また、この時代にユダヤ人が直面した苦難、そして喜びや勝利についても語られています。

マカバイ記を調べることによって、私たちは古代ユダヤ教の文化、宗教、価値観についてより深く理解することができますよ。

マカバイ記とは?

マカバイ記は、作者不明のユダヤ人によりヘブライ語で書かれた古い書物です。

マカバイ人がセレウコス朝を打ち破り、エルサレムを奪還するまでの物語です。

一部の教会では重要視されていますが、ユダヤ教徒やプロテスタント教徒には関係ありません。

この物語は、ユダヤ教の祝日であるハヌカーで祝われます。

エルサレム聖書によれば、『マカバイ記』は紀元前100年頃に書かれたとされています。

ポンペイウスというローマの将軍がエルサレムを占領したことについて書かれています。

「マカバイ」の由来

マカバイという名前は、ヘブライ語で「ハンマー」を意味する言葉に由来し、反乱軍のリーダーであったユダ・マカバイが戦場で勇敢であったことから名づけられました。

彼はハンマーやソリッドハンマーを武器にしたことで知られています。

マカバイは、聖地のギリシア支配者に対する反乱で戦ったユダヤ人戦士の一族です。

彼らの名前は神への特別な戦いの叫びからきており、「ヤハウェ(神)に選ばれた者」という意味だとする説もあります。

そんな神であるヤハウェとは一体どんな存在なのか?

ヤハウェについてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読みください。

彼らは皆、同じ家族の一員であり、自分たちの土地を守るために共に戦ったのです。

マカバイ記のあらすじ

この本は、ユダヤ人の家族が自分たちの宗教の実践を止めようとしたギリシアの支配者に反撃する話です。

一家とその仲間たちは成功し、自分たちが望むように礼拝を続けることができました。

アレクサンドロス大王の支配

アレクサンドロス大王はユダヤの地域を征服し、アンティオコス4世エピファネスに引き継がれました。

彼がユダヤ人たちに行った政策は以下です。

  1. エルサレムを占領
  2. 神殿から神聖なものを撤去
  3. 税金を課す
  4. ユダヤ人の掟の遵守をやめさせようとする
  5. 神殿に異教徒祭儀を設置
  6. 宗教の実践を禁じ従わない者を殺害
  7. エルサレムに体育館を建設
    ユダヤ人が宗教実践することを困難に

マカベアと呼ばれる祭司一家は、自分たちの宗教の実践を止めさせようとする敵と戦いました。

彼らは最終的に勝利し、再び自分たちの宗教を実践できるようになりました。

彼らは、ハヌカーと呼ばれる祝日を作って、その勝利を祝いました。

ユダ・マカバイと兄弟たち

  • 5章、6章、7章ユダ・マカバイとその兄弟はギリシャ人との戦争で戦う
  • 8章:ユダとユダヤ人ローマ人と協定を結び、戦時には互いに助け合い、敵を助けないようにする

ヨナタン・アプフスについて

ヨナタン・アプフスは兄ユダが死んだ後、その跡を継ぎます。

ヨナタンはギリシアの将軍バッキデスと戦い、その様子はマカバイ記に記録されています。

その後、ヨナタンは大祭司となるのです。

セレウコス朝の第10代王デメトリオス1世ソテルが死に、第11代王アレクサンドロス1世バラスが古代ローマの学者であるプトレマイオスの娘と結婚します。

ヨナタンはデメトリオスの息子であるデメトリオス2世ニカトルを戦場で助けます。

ヨナタンとデメトリオスの関係は、デメトリオスがヨナタンとの約束を破り、非常にひどい仕打ちをしたために破綻してしまいます。

シモンとジョンについて

シモンが兄のヨナタンから引き継いで、ユダヤ人の指導者になったことが書かれています。

彼はエルサレムを強くし、ユダヤ人に平和と繁栄をもたらしました。

シモンに続いて、息子のヨハネも勇敢な行いをしました。

彼の物語は、彼の大祭司時代の記録に書かれています。

マカバイ記の特徴

マカバイ記は大昔にヘブライ語で書かれ、現在ではギリシア語版しかありません。

この書物は、以下のことを語っています。

  1. イスラエルの民の歴史
  2. 彼らが敵とどのように戦ったか

マカバイ記は、ユダヤ人による圧制者に対する反乱を描いています。

彼らは神に助けられたユダ・マカバイとその兄弟たちによって導かれ、敵から解放されたのです。

この本の著者は不明ですが、反乱の戦いやユダヤの地理について多くのことを理解していました。

匿名画像

ユダとその兄弟の天才的な軍事力を利用して、神がユダヤ人を助けてくれている

と彼は信じていたのです。


旧約聖書のあらすじを漫画で分かり易くまとめたものがあります。

イラストで旧約聖書をざっと理解したい方は、

旧約聖書 (まんがで読破) 文庫
「光あれ」神の一言で世界ははじまった。天地創造ののち、神は男女一組の人間を造り上げた。月日は流れ繁栄を極めた人間は次第に神の栄光を忘れ、傲慢になっていく。そして神はついに人間を滅すことを決意する。世界でもっとも多くの人に愛され続み継がれている宗教書・歴史書を漫画化。

こちらの本もぜひ読んでみて下さい。


旧約・新約聖書のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教までを1冊の本でまとめたものがあります。

聖書の基本から発展編まで、さらに深く知りたい方には持って来いの本なので、

この一冊で「聖書」がわかる! Kindle版
世界最大、2000年のベストセラー!地図・絵画も満載!イェルサレムはなぜ三つの宗教の聖地になった?モーゼの「十戒」とは?イエズスの“復活”の真実!「福音書」「黙示録」には何が書かれているのか?人間の「罪」と「愛」とは?イスラム教はどのようにして生まれたか?迫害されたキリスト教がなぜ世界最大の宗教になったのか?すべての疑問に答える最強の入門書!

気になる方は、こちらの本もぜひ読んでみて下さい。

Reactions

Ad Code