日本はなぜ明治6年からグレゴリオ暦の導入を採用したのか?

日本はなぜ明治6年からグレゴリオ暦の導入を採用したのか?

グレゴリオ暦は、今の西暦を形作っている暦法でもあります。

山田花子画像

昔の話ではなく、なんと現代でも使われているのです!

そんなグレゴリオ暦についての基本的な概要を知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

この記事では、

  1. 日本でグレゴリオ暦を採用した後の影響
  2. 日本でのグレゴリオ暦を導入した理由
  3. グレゴリオ暦導入時の閏年の問題点

について詳しくまとめてみました!

日本でのグレゴリオ暦導入

日本では、ほぼ西暦1872年に当たる明治5年に、

匿名画像

太陰暦を廃して太陽暦を広く配布する

太政官布告をしました。

匿名画像

太陰暦と太陽暦って何?

と思った方は、

こちらの記事を参考にしてみて下さい。

この布告では、

明治 グレゴリオ暦(西暦) 内容
明治5年12月2日 1872年12月31日 太陰太陽暦天保暦)を廃止
明治5年12月3日 1873年1月1日 明治6年1月1日に変更

とすることなどを定めました。

なので、明治5年まで使っていた天保暦は、明治6年以降は旧暦となったのです。

山田花子画像

これが明治改暦です!

改暦の布告は年も押し迫った明治5年11月9日(グレゴリオ暦1872年12月9日)に公布され、

人々画像

え、いきなり暦変えるの?!

と社会的な混乱を招きました。

改暦による社会的な影響

暦の販売権を持つ者たちは、例年10月1日に翌年の暦の販売を始めるので、この年も既に翌年の暦が発売されていました。

しかし、急な改暦によって返本され、

3人画像

おい、嘘かよ…?また新しい暦を作らないといけないのかよ?!

と急遽新しい暦を作ることになり、当時カレンダーのようなものを販売していた者たちは甚大な損害をこうむることになったのです。

一方、福澤諭吉は太陽暦改暦の決定を聞くとすぐに『改暦弁』を著して、

匿名画像

改暦は日本にとって良いものです

と改暦の正当性を論じました。

太陽暦施行と同時の1873年(明治6年)1月1日付けで出版したこの書は大いに売れました。

福澤諭吉によれば、

匿名画像

たちまち10万部が売れた!

と言われています。

改暦することになった理由

これほど急な新暦導入が行われた理由として、明治政府財政状況がひっ迫していたことが挙げられます。

当時の参議(官職の1つ)であった大隈重信によれば、

匿名画像

旧暦のままでは明治6年は閏月があるため、13か月となる。すると、支払いが月給制に移行したばかりの官吏(かんり)への報酬を、1年間に13回支給しなければならない

そして、さらにこう続けます。

匿名画像

これに対して、新暦を導入してしまえば閏月はなくなり、12か月分の支給で済む。また、明治5年12月は2日しかないことを理由に支給を免れ、結局月給の支給は11か月分で済ますことができる

当時は1と6のつく日を休業とする習慣があり、これに節句などの休業を加えると、年間の約4割休業日となる計算でした。

しかし、新暦導入を機に週休制に改めることで、休業日を年間50日余りに減らすことができたのです。

ここで閏年の不備が発生?!

改暦の布告は、施行まで1か月に満たない期間の中で

3人画像

急げ!

と慌てて布告されたためか、閏(うるう)月や閏日を暦に入れる時に不備がありました。

それは、グレゴリオ暦の肝心な要素である

400年に3回西暦年数が100で割り切れるが400で割り切れない年を閏年としない

という内容の規定が欠落していたのです。

この3回の閏年を含めたグレゴリオ暦やユリウス暦の計算のずれについて、さらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。

匿名画像

このままでは導入された新しい太陽暦は、グレゴリオ暦やユリウス暦でもなく、日本独自の暦となってしまう…

そういう問題点もありましたが、さらに布告の前文にある文面もおかしく、グレゴリオ暦で実際に1日の誤差が蓄積されるのに約3221年掛かるのに、

匿名画像

7000年の後にわずか1日の差を生じるに過ぎず

としていました。

これは、起草者が参考にした天文書の誤りと考えられています。

そこで、西暦1898年5月11日(グレゴリオ暦を導入後、約25年経過してから)に改めて勅令を出して、閏月や閏日を暦に入れるのをグレゴリオ暦に合わせたものに改めました。

日本以外にも、グレゴリオ暦を採用したキリスト教国についてさらに詳しく知りたい方は、

こちらの記事をお読み下さい。


参考:『グレゴリオ暦