Ad Code

ピックアップ

6/recent/ticker-posts

輪廻転生とは?カルマとの関係も簡単に分かりやすく解説!

輪廻転生

輪廻転生とは、ヒンドゥー教で生命のサイクルを表す用語です。

「継続的な存在」を意味し、涅槃(ねはん)または悟りを達成するまで私たち全員が経験しなければならない生と死と再生の無限の繰り返しを指します。

涅槃=生まれ変わりのサイクルから解放された状態。

輪廻転生はヒンドゥー教の単なる概念ではありません。

仏教ジャイナ教などの他の宗教にも見られるからです。

この記事では、輪廻転生が何を意味するのかを簡単に分かりやすく解説します。

ヒンドゥー教における輪廻転生の意味

輪廻転生とは、サンスクリット語で「連続した存在」を意味する言葉です。

私たちが涅槃(ねはん)や悟りを得るまで、誰もが経験しなければならない生と死と再生の果てしない繰り返しのことを指します。

ヒンドゥー教では、輪廻転生はカルマによって魂が生まれ変わる循環的なプロセスだと考えられています。

カルマとは、過去に行った行為が未来を決めるという考え方です。

良い行いをすれば報われ、悪い行いをすれば罰せられます。

輪廻転生とは、自分のカルマによって、次の人生に生まれ変わるという考え方です。

輪廻と異なるのは、輪廻は輪廻転生の中の特定の概念であるという点です。

輪廻転生が「生命のサイクル」であるのに対し、輪廻はその中のある瞬間に過ぎません。

輪廻と輪廻転生の違い

輪廻と輪廻転生はどちらも人生の旅路を探求するものですが、実は全く異なるものです。

輪廻は「生命のサイクル」である輪廻の中の特定の概念です。

輪廻転生とは、私たちが涅槃や悟りを得るまで、誰もが経験しなければならない生と死と再生の終わりのない繰り返しのことです。

輪廻はその輪廻転生の中の一瞬ですが、輪廻転生はその輪廻の中の特定の繰り返しに過ぎません。

  • 輪廻転生:カルマ、悟りの探求、人生の意味などの概念を探求
  • 輪廻:輪廻転生の中のある特定の部分

輪廻転生の6つの段階

輪廻転生の6つの段階は、蝶の一生の6つの段階に似ています。

輪廻転生を経て人生がどのように変化するかを示しています。

輪廻転生の6つの段階は、次のとおりです。

誕生

人生の始まりは、輪廻転生の第一段階です。

胎内にいたときと同じ状態であり、人生に何の期待もしていません。

何も知らないため純粋です。

青春

若い時は、輪廻転生の第二段階です。

欲望があり期待もあるので不純です。

成熟期

成熟したとき、私たちは輪廻の第三段階にいます。

欲望と期待に満ちているため不純です。

人生で欲しいものが必ず手に入るとは限らないことに気づきます。

衰え

歳を取ると輪廻の第四段階に入ります。

自分の欲望や期待をコントロール出来なくなるので不純です。

私たちが死ぬ時、輪廻の第五段階になります。

欲望や期待がなくなるため、不純な状態になります。

死後の世界

輪廻転生の最終段階である第六段階にいる時、私たちはもう不純物が無いので純粋です。

私たちは悟りを開いているからです。

Reactions

Ad Code