Ad Code

ピックアップ

6/recent/ticker-posts

『ヨブ記』で神の答えた内容や物語の結末を分かり易く解説!

『ヨブ記』で神の答えた内容や物語の結末を分かり易く解説!

『ヨブ記』とは、旧約聖書に収められているヘブライ語で書かれた書物です。

内容はほとんどが人と人との問答であり、かなり分かりにくいところが多い書物でもあります。

そんな『ヨブ記』のかなりざっくりとした内容のあらすじを知りたい方は、

こちらの記事を先にお読み下さい。

この記事では、

神がヨブに答えた教訓の内容や『ヨブ記』の物語の結末

について詳しくまとめてみました!

神のヨブへの応答

このお話を始める前に、実はヨブは三人の友人とすでに激しい議論をしています。

その内容が気になる方は、

こちらの記事をお読み下さい。

さて、何もかも言い切ったヨブは、彼の苦難に対する疑問は置いておいて、内なる声に耳を傾けました。

その時、嵐の中から神自身がヨブの前に姿をはっきりと表しました。

そして、神はこう言うのです。

神様画像

ヨブは知識が欠如しているが、正しいことを語った

つまり、この答えから因果応報が全てではないことが分かります。

神の逆説的な質問

ここから、神はヨブに戦いとして逆説的な質問をします。

神様画像

我が大地を置いた時、お前はどこにいたのか?知っていたというならば、理解していることを言ってみよ

この質問の意味は、

人は神の計画の主人公でもなければ創造に全く関与しておらず、神の活動の目的は人間活動を超越したところにある

ということです。

そして、ヨブは知っていることを示します。

古代の男性画像

私は、神の無償の行為の世界の中で生きていることを理解して知っている。また、自然現象を見て知っている

神様画像

その時お前は既に生まれていて、人生の日数も多いならば我が言うことを知っているはずだ

神は引き下がるヨブに発言を求めます。

しかし、ヨブは己の小ささを認め、神の活動の目的の中心に人間はいないことを理解して退いたのです。

そんなヨブに対して、神はこう続けます。

神様画像

我を取るか?己を取るか?お前は我が定めたことを否定して、自分を無罪とするために我を有罪とさえするのか?

神の意図する教訓

この神の逆説的な質問に勝つためには、小さい存在のヨブが、

  1. 創造物の性格を変え、消滅させなければならない
  2. 創造を否定しなければならない

という矛盾があります。

空想上の動物であるベヘモットレビヤタンという最強の怪物の解釈は様々ですが、それぞれの動物の性質や物語の意義を素直に考えて、

ヨブが遭遇した混沌や災いをもたらす動物も神の創造活動の一部

と理解することも出来ます。

つまり、人間では思い通りにならない災いは、全て神の支配下にあるのです。

ヨブは、神の計画が成就されつつあることを知り、神に出会えて喜びます。

その一方、自分の神への失礼に気付き塵と灰の上で伏して自分自身を悔い改めました。

ヨブの不満はなくなり、神の正義も災いも全て無償の愛の中で成立していることにも気付き、

古代の男性画像

神から幸福をいただいたのだから、不幸もいただこうではないか

とヨブが言った言葉が正しかったと結論付いたのです。

ヨブの物語の結末

物語の最後で、神の怒りは三人の友に向けられます。

神様画像

お前たちは、我について我の僕(しもべ)ヨブのように正しく語らなかった

さらに、神はこう続けます。

神様画像

今回の議論で傷付いたヨブが、お前たちのために祈らなければその罪は清められない

そして、ヨブは彼らのために祈り、その祈りは神に聞き入れられました。

それと同時に、神はヨブの失われた財産を元に戻し、

  • 羊14,000匹
  • らくだ6,000頭
  • 牛1万くびき
  • 雌ろば1,000頭

を持つことになりました。

また、7人の息子と3人の美人な娘をもうけ、ヨブは140歳まで生き長寿を全うして死にました。

このヨブの140歳という寿命は、ノアの時代に人の一生が120年とされ、

  • ヨセフ110歳
  • モーセ120歳
  • ヨシュア110歳

と比較して、神によって加えられた寿命でもあります。


旧約聖書のあらすじを漫画で分かり易くまとめたものがあります。

イラストで旧約聖書をざっと理解したい方は、

旧約聖書 (まんがで読破) 文庫
「光あれ」神の一言で世界ははじまった。天地創造ののち、神は男女一組の人間を造り上げた。月日は流れ繁栄を極めた人間は次第に神の栄光を忘れ、傲慢になっていく。そして神はついに人間を滅すことを決意する。世界でもっとも多くの人に愛され続み継がれている宗教書・歴史書を漫画化。

こちらの本もぜひ読んでみて下さい。


旧約・新約聖書のあらすじから、ユダヤ教、キリスト教、イスラム教までを1冊の本でまとめたものがあります。

聖書の基本から発展編まで、さらに深く知りたい方には持って来いの本なので、

この一冊で「聖書」がわかる! Kindle版
世界最大、2000年のベストセラー!地図・絵画も満載!イェルサレムはなぜ三つの宗教の聖地になった?モーゼの「十戒」とは?イエズスの“復活”の真実!「福音書」「黙示録」には何が書かれているのか?人間の「罪」と「愛」とは?イスラム教はどのようにして生まれたか?迫害されたキリスト教がなぜ世界最大の宗教になったのか?すべての疑問に答える最強の入門書!

気になる方は、こちらの本もぜひ読んでみて下さい。


参考:『ヨブ記

Reactions

Ad Code