ギリシャ神話に登場する『アレース』の5つの神話エピソード

ギリシャ神話に登場する『アレース』の5つの神話エピソード

ギリシャ神話に登場する戦いの神のアレース(アレス)。

戦いの女神と言えばアテーナー(アテナ)が有名ですが、彼女は戦争における栄誉や計略を表す神であったのに対し、アレースは戦闘時の狂乱を神格化したものであり、荒ぶる神として有名でした。

ちなみにアテーナーに関してはどうぞこちらの記事をご覧ください。

つまり、同じ戦いの神であってもアレースはアテーナーとは違い、かなり残忍だったと言われています。

そんなアレースにまつわるお話をご紹介していきます!

アレースの両親

アレースはギリシャ神話においての絶対神ゼウスとその正妻であるヘーラーの息子になります。

ゼウスとヘーラーについてはどうぞこちらの記事をご覧ください。

オリュンポス十二神の一柱であり、男神の中では、二を争う程の美貌を持っています。

身長も高く、人間の間には大抵人間サイズの大きさで現れますが、本来の姿だとその身長は200メートルを軽く超えるほどだとか…。

性格は最悪だけれど超絶イケメン、それがアレースの特徴なのです!

アプロディーテーの愛人

アレースは美と愛と性の女神であるアプロディーテーの愛人としても知られています。

このアプロディーテーの不倫がなかなか壮絶なストーリーなのですが、詳しくはこちらの記事にてご紹介しています。

アレースとアプロディーテーの間にはポボス(フォボス、敗走)とデイモス(恐慌)の兄弟や娘ハルモニア―(調和)が子どもとして誕生しました。

中にはエロースもアプロディーテーとアレースの子どもとする説もあるそうです。

エロースについてはこちらをご覧ください。

戦いの神なのに実は弱い?

アレースは戦いの神でありながら、

  • 人間であるディオメーデースに敗北(アテーナーがディオメーデースを支援していたが)
  • 英雄ヘーラークレースからは半殺しにされる
  • 巨人兄弟のアローアダイ(オートスとエピアルテース)により青銅の壺の中に13か月間幽閉される

など、神話ではあまりいいエピソードがありません。

これはアレースの好戦的な性格がギリシャ人にとって不評だったからだと言われています。

その性格が故に基本的に神々からも嫌われているという実に不憫な神なのです。

アレースと裁判

ポセイドーンの息子の一人であるハリロティオースがアレースの娘であるアルキッペーを犯したことにより、アレースは激怒します。

アレス画像

ふざけんじゃねーよ!絶対許さねーからな!

ブチ切れたアレースはなんとそのままハリロティオースを撲殺してしまいます。

鈴木園子画像

さすが戦いの神…

こうして今度は息子を殺されたポセイドーンがブチ切れることになります。

ポセイドン画像

ふざけんな!いくらなんでもやりすぎだろ!こうなりゃ裁判するぜ!

こうしてポセイドーンはアレースを神々の裁判にかけることを主張して、それが認められました。

そして、アレースの丘で世界初の裁判が開かれることになったのです。

裁判の結果としてはアレースには情状酌量(じょうじょうしゃくりょう)の余地があるとして、アレースは無罪となりました。

そしてこれ以降重大事件の裁判はアレースの丘にて行われるようになったのです。

怪物テュポーンとの戦い

オリュンポスの神々が大地の女神ガイアが生み出した怪物テュポーンと戦った時、神々はそれぞれ動物に変身してエジプトに逃げたと言われています。

そんな中で逃げなかったのがゼウスなのですが、まぁ多くの神々は逃げたのです。

この怪物テュポーンとの戦いの詳しくはこちらをご覧ください。

アポローンは鷹に、ヘルメースはコウノトリに、アルテミスは猫に、ディオニューソスは山羊に、ヘーラクレースは子鹿に、ヘーパイストスは雄牛になりました。

気になるアレースですが…なんとになりました。

戦いの神ですが、意外にも可愛らしい動物になっていたのですね。


参考:アレース