テーセウスとは?ミノタウロスを退治した人物の英雄物語

テーセウスのイラスト

テーセウス(テセウス)はギリシャ神話に登場する英雄であり、アテーナイの王でした。

ギリシャ神話では勇ましい冒険のお話で知られており、へーラクレースほどではありませんが、テーセウスも大岩を持ち上げるほどの怪力を誇っていたようです。

ちなみにギリシャ神話の絶対的英雄、へーラクレースについてはどうぞこちらの記事をご覧ください。

ヘラクレスは実在した?英雄が行った12の功業の内容とは?

ここではミーノータウロス(ミノタウロス)退治のお話を中心にしながら、テーセウスについてご紹介していきたいと思います!

ミーノータウロス退治

テーセウスの物語の中で最も有名なものがミーノータウロスを退治したお話です。

そもそもミーノータウロスって何?

という方はどうぞこちらからご覧ください。

ここでは牛頭の怪物ミーノータウロスがなぜテーセウスに退治されることになったのかをストーリーにしてご紹介します!

テーセウス、激怒する

むかしむかし、アテーナイにあるクレータ島という島はミーノース王が統治していました。

しかし、そのクレータ島には恐ろしい風習がありました。

ミーノース王画像

毎年、7人の若い男と7人の若い女を怪物ミーノータウロスの生贄に捧げるのだ

という王様の命令です。

テーセウス画像

なんだそのふざけた話は!

初めてこの話を聞いたテーセウスは激しい怒りを感じました。

テーセウス画像

俺がミーノータウロスを倒してやる!

こうしてテーセウスはミーノータウロスを倒すために、わざと生贄に自ら立候補したのです。

テーセウスの父親あり王でもあるアイゲウスはもちろん反対しました。

アイゲウス画像

何を馬鹿なことを言っているんだ!テーセウス、止めるんだ!

テーセウス画像

いや、止めてくれるな親父。俺は行く。もう、決めたんだ

こうしてテーセウスは周囲の反対を振り切って、クレーター島に行くことを決めたのでした。

アイゲウス画像

分かった。もう、お前を止めることは出来ない。ならばせめてテーセウス、約束してくれ!お前がもし万が一生きて帰ってくる時はこの黒い帆を白くして帰って来てくれ。もしこの帆が黒いまま戻ってきたら、俺はお前はもう死んでしまったとすぐに分かるように

テーセウス画像

分かった。約束するよ

こうして、テーセウスは黒い帆を掲げた船に乗ってクレーター島に向かうのでした。

ラビュリントス

テーセウス画像

さぁ、着いたぞ!ミーノータウロスはどこにいる!?

テーセウスが鼻息を荒く、クレータ島にたどり着きますが、ミーノータウロスの姿が見えません。

それもそのはず、ミーノータウロスは危険な怪物なため、人間の前に出てこれないようにラビュリントスと言われる脱出不可能な迷宮に幽閉されていたのです。

今でいう超巨大迷路みたいなものでしょうか。

生贄たちも一度入るとそのラビュリントスから脱出が出来ないため、その中でミーノータウロスに襲われ、生贄となるのでした。

ここでテーセウスは考え込んでしまいます。

テーセウス画像

おい待てよ。俺がラビュリントスの中に入ってミーノータウロスを倒したとして、どうやって出たらいいんだ?

そんなテーセウスに一人の女性が近付いてきたのでした。

アリアドネーの登場

アリアドネー画像

お困りのようですね

テーセウスに声をかけたのはこのクレータ島の王であるミーノース王の娘、アリアドネーでした。

実はアリアドネーは生贄としてやって来たテーセウスに密かに一目惚れをしていたのです。

テーセウス画像

いやですね。私はミーノータウロスを倒しにここに来たのですが、ミーノータウロスがラビュリントスに入っていると聞いて、もし私が仮にやつを倒せたとしても、そもそも私自身がラビュリントスから出ることが出来ないのではないかと考えていまして…

アリアドネー画像

そうだったんですね

テーセウスの言葉を聞いたアリアドネーはテーセウスに二つの物を授けました。

アリアドネー画像

では、どうぞこれをお持ちになってください

テーセウス画像

これは…糸ですか。そしてこちらは短剣ですね

アリアドネー画像

この糸をラビュリントスの入り口にくくりつけてください。そして糸をひいていきながらラビュリントスの中を歩けば最終的には帰ってこれます。そしてこの短剣はミーノータウロスとの戦いで使ってください

テーセウス画像

なるほど!その手がありましたか!ありがとうございます!ぜひ使わせていただきます

こうしてテーセウスはアリアドネーの助言によってラビュリントスの攻略方法を見つけ出したのです。

テーセウス、ミーノータウロスと戦う

いよいよ生贄たちがラビュリントスの中に入れられる日がやってきました。

テーセウスはアリアドネーからもらった糸をラビュリントスの入り口にくくりつけ、他の生贄たちと共に迷宮の奥へと進んでいきました。

ミノタウロス画像

お前たちが生贄か!

そしてついにミーノータウロスが現れたのです。

人々画像

ぎゃー、怪物だー!

ミーノータウロスの姿に生贄たちは恐れ震えている中、テーセウスは果敢にミーノータウロスへと立ち向かっていきました。

テーセウス画像

おのれ怪物、俺と勝負だ!

ミノタウロス画像

なんだお前は!?

テーセウスはミーノータウロスの怪力をものともせず、アリアドネーからもらった短剣で見事にミーノータウロスを打ち果たしたのでした。

テーセウス画像

やったぞ!遂に勝ったぞ!

こうしてテーセウスと生贄たちは糸を逆に辿って無事にラビュリントスの外へと脱出することも出来ました。

テーセウス、帰還する

見事ミーノータウロスを打倒したテーセウスですが、ミーノータウロスがミーノース王の妃であるパーシパエーと雄牛との間に出来た子どもだったということもあったのか、賞賛されることはありませんでした。

それどころか、テーセウスはミーノース王から追われるようになってしまったのです。

テーセウス画像

急いでこの島から出なくては

ミーノータウロスを倒したテーセウスはすぐに船に乗り、そのままクレータ島から出航しました。

それからテーセウスは様々な冒険に巻き込まれましたが、なんとか無事に故郷であるアテーナイに帰ることが出来ました。

しかし、そこで彼は最大のミスを犯しました。

アイゲウス画像

分かった。もう、お前を止めることは出来ない。ならばせめてテーセウス、約束してくれ!お前がもし万が一生きて帰ってくる時はこの黒い帆を白くして帰って来てくれ。もしこの帆が黒いまま戻ってきたら、俺はお前はもう死んでしまったとすぐに分かるように

彼がミーノータウロス退治に出る時に王であり父でもあるアイゲウスと交わした約束です。

これをテーセウスはすっかり忘れてしまっていたのです。

そして彼は出航時の黒い帆のまま帰還してしまいました。

アイゲウス画像

テーセウスの船が帰ったじゃと!帆は!?帆の色はどうじゃ!?白か!?…黒…じゃと…

黒い帆を見たアイゲウスはテーセウスがミーノータウロスに殺されたと勘違いし、絶望のあまりに海にそのまま身を投げて死んでしまいました。

そしてアイゲウスが身を投げた海を彼の名前にちなんでエーゲ海と呼ばれるようになったと言われています。

その他のテーセウスについて

テーセウスについての伝説はまだ他にもあります。

プルタルコスという人が書いた『英雄伝』では古代ローマの建国の父ロームルスと共に、アテーナイを建国した偉大な人物として同じ書物の中で紹介されています。

ロームレスについては別の記事もございますので、よろしければそちらもご覧ください。

また、テーセウスにはマラトーンとの戦いでアテーナイ軍の戦闘に立ってペルシア軍に突っ込み、アテーナイ軍の士気を大いに高めたという伝説も残っています。

マラトーンの戦いについてはこちらの記事をどうぞ。


参考:テーセウス