『パイドン』に出て来る「魂」の特徴について簡単に解説!

『パイドン』に出て来る「魂」の特徴について簡単に解説!

プラトン著の『パイドン』は死刑宣告を受けた師であるソクラテスが最期の瞬間まで弟子たちと問答していた様子が描かれています。

ここではソクラテスと弟子たちの問答がなぜ始まったのか、そして「」についての問答はどのようなものだったのかを見ていきます。

ソクラテスの死に駆け付ける弟子たち

ソクラテスの死刑執行に居合わせた人々の名はアポロドロス、クリトブロス(クリトンの息子)、クリトン、ヘルモゲネス、エピゲネス、アイスキネス、アンティステネス、シミアス、ケベス、パイドンデス、エウクレイデス、テルプシオンなどがいました。

鈴木園子画像

めっちゃいる…!

この中のクリトンはソクラテスに死刑執行の前にここから逃げ出せと助言をしたことで有名です。

詳細は以下の記事にて書いていますので、よろしければご覧ください!

居合わせた人数はこんなにいますが、覚えていただきたいのは、シミアスケベスのみで大丈夫です!

ここではこの二人しか会話は登場しません。

ある時、ケベスがこんなことを言い出します。

ケベス画像

ソクラテスさん、どうして牢獄に入ってからイソップ物語を詩に作り替えたり、アポローン神を讃える歌を作ったりしているのですか?ソフィスト(古代ギリシアにおいて活躍したお金を受け取って徳を教える知識人たち)のエウエノスさんも不思議がっていました。どうぞ理由を教えてください

そうすると、ソクラテスは答えます。

ソクラテス画像
私がこの世を去る準備の一環である。夢で文芸に励めという教えが出てきたのでそれに従ったまでのこと。そうだ、エウエノスにも伝えておいてくれないか。もし思慮ある哲学者なら出来るだけ早く私の後を追うようにと。しかしながら、自殺は許されないことだから彼は自殺しないだろう
人々画像

ソクラテスさん、それはどういうことですか?

弟子たちが次々と疑問を口にしたのでここからソクラテスの問答が始まるのです。

自殺禁止・冥府の希望

ソクラテスは言います。

ソクラテス画像
人間にとって死ぬことは生きることよりも例外なく無条件に善いことである。しかしながら、それを自ら行う自殺は神に対する冒涜である。そのため、私たちは他者が私たちを死に追いやってくれるのを待たねばならない

ソクラテスの言葉にケベスはあきれて笑ってしまいます。その様子を見たソクラテスはなおも続けます。

ソクラテス画像
神々は我々を配慮する者であり、我々は神々の所有物の一つである。その所有物が勝手に自殺すると、神々は腹を立て、処罰を加えようとするだろう

ケベスはソクラテスに反論します。

ケベス画像

自殺禁止という部分は同意できますが、神々の元を、最も思慮ある哲学者が喜んで去る(つまり死ぬこと)というのはおかしくないですか?ソクラテスさん、あなたは自殺はいけないと言っているが、死は無条件に善いとも言っていますよね?

ソクラテスは答えます。

ソクラテス画像
冥界にはこの世を支配する神々とは別の神々がいる。その神々は賢くて善い神々である。そしてさらに冥界にはこの世の人々より優れた死んだ人々がいる。善い人々には善い何かが待っているという希望を私は持っているのだ

シミアス(弟子の一人)が言います。

シミアス画像

一体どういうことでしょうか?詳しく教えていただけますか?

ソクラテス画像
つまり、哲学者はただひたすらに死ぬこと、死んだ状態にあること以外の何も実践しない。哲学者の全人生をかけて死以外の何も望んで来なかったのだから、死を前に怒ることなどおかしいということだ

シミアスは笑います。

シミアス画像

確かに、哲学者が死人同然の生き方をしていることは認めます

しかし、ソクラテスは言います。

ソクラテス画像
哲学者たちは自分たちが死人同然の生き方をしている意味を分かっていない

魂と肉体の分離・哲学者の生き様

ソクラテス画像
死とは魂の肉体からの分離である

ソクラテスの言葉にシミアスは同意します。

ソクラテス画像
哲学者は飲食や装飾品などに追求せず、魂に関心を持ち、できるだけ魂を肉体の交わりから解放する者である。だから多くの人々に肉体的快楽を味わうことのない死人同然の人たちだと思われている
シミアス画像

確かに

ソクラテス画像
知恵の探求や獲得において頼りになるのは思考のみであり、肉体の感覚は邪魔であるため、哲学者の魂は肉体から逃げ出し、自分自身だけになろうと努力するのだ。正義、美、善や物事の本質は邪魔な肉体的感覚を排除して、純粋な思考のみで追及されるべきものである
シミアス画像

なるほど、分かります

ソクラテス画像
つまり、生きている間に本当の知恵を獲得することなど出来ないのだ。生きている間はできるだけ肉体と交わらず、汚染されずに清浄なまま神が我々を解放する時を待つことしか出来ない。この魂を肉体から出来るだけ切り離し、魂で生きるように習慣づけることがカタルシス(浄化)である
シミアス画像

確かにその通りですね

ソクラテス画像
真の哲学者は死ぬことを恐れない。もし死ぬ間際に怒り嘆くものがいればそれは哲学者ではなく、肉体を愛する者であったことの証拠である。快楽、苦痛、恐怖などの肉体的な感情を尺度にして徳を理解するのではなく、知恵を基準にしてはじめて勇気、節制、正義などの真実の徳が生まれるのだ。これもある種のカタルシス(浄化)であり、知恵は浄化を行うためのある種の秘儀である。大昔から浄めの秘儀を行ってから冥界に行くものは神々と共に住むと言われているし、私の考えではそれは正しく哲学した人々のことであり、私もその仲間に加わろうとあらゆる努力をしてきたつもりである。だから、私は死を前にしても苦しまず、冥界に対して希望を持っているのだ

魂と肉体を分けて考える

ソクラテスは魂と肉体を分けて考えており、多くの人間は肉体の欲望に染まってしまっていると思っています。

この肉体の欲望から解放を望んでいるのが哲学者であり、肉体の欲望からの解放には思考が必要だとしています。

しかし、死は無条件に肉体と魂を分離することが出来るので、ソクラテスにとって死は恐れる事ではないとしています。

しかしその後、弟子のケベスより、

ケベス画像

肉体と魂が分離しても魂が死なない(魂の不死)となぜ言えるのですか?

と反論があります。

これにより、ソクラテスと弟子たちは魂の不死についての議論を深めていきます。

その議論については別記事にて紹介していますので、どうぞそちらをご覧ください。


参考:パイドン