Ad Code

ピックアップ

6/recent/ticker-posts

ヒンドゥー教の最大の特徴とは?教えを簡単にまとめてみた

ヒンドゥー教

ヒンドゥー教は世界で最も古く3番目に大きな宗教であり、約10億人の信者がいます。

ヒンドゥー教は、単一の創始者、中央の権威、普遍的な信念や慣習を持ちません。

その代わりに、カルマダルマモクシャを中心とした関連する信仰の集合体があります。

この記事では、ヒンドゥー教の歴史と現在の状態を形成している最も重要な側面のいくつかを見てみましょう。

ヒンドゥー教の意味とは?

ヒンドゥー教はインド亜大陸を起源とする宗教の一派です。

ヒンドゥー教は宗教というよりも生き方の一つです。

実際、ヒンドゥー教徒自身ヒンドゥー教が何なのかよく分かっていません。

ヒンドゥーという言葉は、サンスクリット語のシンドゥ(インダス川流域の川)に由来しています。

ヒンドゥーという言葉は、古代にインダス川の近くに住んでいた人たちを指す言葉として使われていました。

また、この言葉はインド亜大陸に住む人々にも適用され、ヒンドゥー教は世界で最も古い宗教であるという説もあります。

しかし、ヒンドゥー教はいつ誰が始めたのか誰も知らないので正確に判断するのは難しいです。

ヒンドゥー教におけるカルマ

カルマとは、行為に適用される原因と結果の法則のことです。

それぞれの行動には必ず結果が伴います。

  • 行動が良い:良いことが起こるようになる
  • 行動が悪い:悪いことが起こるようになる

物理的、精神的、言葉の上でも、すべての行動には結果が伴います。

カルマはあなたを罰するものではなく、自然の法則のことを指します。

自分の選択によって自分を罰するのは自分自身なのです。

ヒンドゥー教で最も重要な概念の一つであり、ヒンドゥー教の生き方の中心となっているのがカルマの概念です。

カルマとは、因果応報の法則を、人々の生活の道徳的、倫理的側面に適用したものです。

つまり、カルマとは人が今日行う善行と悪行は、現世であれ来世であれ将来に結果をもたらすという信念ということなのです。

ヒンドゥー教におけるダルマ

ダルマはしばしば宗教と訳される概念ですが、それ以上の意味を持ちます。

ダルマは宗教に関係するものですが、下記の点も含まれます。

  • 法律
  • 正義
  • 倫理
  • 美徳

ヒンドゥー教では、人々はダルマに従って解脱への道を歩むことが義務づけられています。

ダルマは規則や戒律の集合ではなく、自己実現の道です。

その道を歩めば、充実した目的を持った生き方を発見することができるのです。

また、ダルマはすべての創造物が流れ出る秩序でもあります。

ヒンドゥー教では世界はダルマの力によって創造され再創造されると言われています。

ヒンドゥー教はダルマなのでヒンドゥー教から切り離すことはできません。

バガヴァッド・ギーター

バガヴァッド・ギーターは、しばしばヒンドゥー教の聖書と呼ばれます。

インドの偉大な叙事詩「マハーバーラタ」の一部である700節の聖典です。

マハーバーラタとは、バラタ族の物語という意味。パーンダヴァの王子たちとその従兄弟のカウラヴァの王子たちがクル国の継承をめぐって戦争をします。

バガヴァッド・ギーターは、おそらく最も広く読まれ引用されているヒンドゥー教の聖典でしょう。

ギータは紀元前5世紀頃に書かれました。

内容がパンダヴァの王子アルジュナと偉大な戦士クリシュナの会話であるため、ヒンドゥー教の中心的存在です。

クリシュナとは、ヒンドゥー教の神でありヴィシュヌ神の化身とみなされる。

アルジュナは戦いに出ようとしますが、恐怖と不安に打ちひしがれてしまいます。

そこで、彼は友人のクリシュナに教えを乞いました。

ギータは、非常に親しい友人2人の会話であると同時に世界の見方が全く異なる2人の会話でもあります。

アルジュナとクリシュナは人生を以下のように考えました。

  • アルジュナ:苦しみと絶望と恐怖の場
  • クリシュナ:喜びとチャンスの場

このようにギータは、一人ひとりが自分の選んだ方法で世界を見ることができることを説いているのです。

ヒンドゥー教におけるモクシャ

モクシャとは、生と死のサイクルから解放される道です。

すべての生命は、終わりのない生と死のサイクルから構成されています。

つまり、一度死ねば何度でも生まれ変わることになります。

そのサイクルを断ち切る唯一の方法は、解脱を達成することです。

あなたは人生において何一つ当たり前のことをせず、人生のはかなさに気づくのです。

すべてが運命ではありませんが、あなたを傷つけるようなことは何もありません。

すべての物ははかないもので、遅かれ早かれすべて消えていくものだからです。

ヒンドゥー教徒とは?

ヒンドゥー教徒が誰であるか、何であるかは誰も知りません。

この宗教を構成するものについて、広く受け入れられている定義や理解はありません。

さらに、ヒンドゥー教を定義できる1つの権威や機関もありません。

ヒンドゥーという言葉は、インド亜大陸に住む人々を表す地理的な言葉です。

サンスクリット語のSindhu(パンジャブ州を流れる川を指す)に由来し、古代ペルシャ語で最初に使われたと考えられています。

この宗教を構成するものについての普遍的に受け入れられた定義がないため、一般論で語るしかありません。

一般的に、ヒンドゥー教は生と死のサイクルからの解放であるモクシャの考えを中心とした関連する信念と実践の集まりであるとされます。

ヒンドゥー教の伝統には単一の宗教的権威はなく、ヒンドゥー教徒になるための正しい方法もありません。

Reactions

Ad Code