サウルって誰?イスラエル初の王の性格や最期【旧約聖書】

サウルって誰?イスラエル初の王の性格や最期【旧約聖書】

古代イスラエル王国の王様として有名な人物と言えばダビデソロモンではないでしょうか。

ダビデやソロモンは日本人であってもゲームなどでよく使われる名前だったりしています。

しかし、そんな有名なダビデやソロモンは古代イスラエル王国の初代の王だったわけではありません。

古代イスラエル王国の初代王はサウルという人物です。

匿名画像

サウル?誰だそれ、初めて聞いたぞ?

というそこのあなた!

そんなあなたのためにここではサウルについてご紹介します!

なぜサウルは王になったのか?

まず最初にサウルが登場する出典をご紹介します。

それが旧約聖書の『サムエル記』にあたります。

サムエルという人物が士師としてイスラエルを指導していた頃のお話です。

士師って何?と思った方はどうぞこちらの記事をご覧ください!

当時のイスラエルには士師という指導者はいましたが、王という存在はいませんでした。

人々画像

なぁ、そろそろ王様がいた方がいいんじゃないか?王様を選ぼうぜ!

そんな中でイスラエルの民達から王を求める声が高まっていたのです。

サムエル画像

王をたてるというのはデメリットがありますぞ!

そんな民衆に対してサムエルは王を置くことへのデメリットを説明します。

それが以下のようなものです。

  1. 自分の息子が軍に行くことになる
  2. 軍のために自分の仕事がさらに課される
  3. 娘も働かされるようになる
  4. 良い畑は没収された上で税を取られ、王の奴隷となる
  5. 選んだ王が悪い人であっても、神様は助けない

などといったことです。

人々画像

それでもいい!俺達には王様が必要なんだ!

民衆たちがそういうので、サムエルは王探しに出かけることになったのです。

そして出会ったのが背が高く美しい若者であったサウルでした。

サムエル画像

この人だ!間違いない!

サムエルはサウルこそが神が選んだ人であることを悟って、彼に油を注いだのです。

この油を注ぐというのは聖書的にはとても意味ある行為でして、王や祭司などの統治者が就任する時には油を注ぐのが慣例となっていたのです。

こうしてサウルが初代イスラエル王国の王となったのです。

王となったサウル

王となったサウルは戦いの指導者として活躍しました。

当時のイスラエルの民達は様々な民族と戦っていました。

サウルは息子のヨナタンや家臣達と共にイスラエルの民達を率いて、勇敢に戦っていました。

しかし、事件発生です。

サウルが神様の言うことを無視するということが起こりました。

神様画像

アマレク人とその属するものを全て滅ぼしなさい

という神様からの命令にサウルは従わなかったのです。

そのため、神様の心はサウルから離れてしまいました。

そして、神の命を受けたサムエルが密かに次の王になる人物を探しに行ったところ見つかったのがダビデでした。

ダビデについてはこちらです。

ダビデは巨大兵士ゴリアテとの戦いで勝利したことで一気に有名になり、サウルに仕えていましたが、サウルはダビデの人気を妬むようになります。

ダビデとゴリアテとの戦いの記事はこちらにありますので、よろしければどうぞご覧ください。

サウルはダビデの命を狙いましたが、ダビデはそれをなんとか逃れました。

ダビデを殺せなかったサウルですが、自身はペリシテ軍との戦いの中で息子たちと共に追い詰められ、最後は自害することになったのです。

サウルの死後

イスラエル王国の初代の王サウルの死後、二代目としてイスラエルの王になったのがダビデです。

そして、三代目のイスラエルの王が知恵の象徴として名高いソロモンです。

ソロモンについてはこちらでご紹介しています。

この三代目のソロモンの時代が最も古代イスラエル王国が栄えていた時代と言われています。

そしてソロモンの次はソロモンの息子であるレハブアムが四代目として継ぎましたが、うまくいかずイスラエルが南北に分断してしまうのです。

そしてかの有名なバビロン捕囚へと繋がっていきます。

それぞれの記事はこちらからどうぞ。

古代イスラエル王国には長い歴史がありますが、その最初はダビデでもソロモンでもなくサウルだったのが歴史の面白いところだと思います。


参考:『サウル