旧約聖書の『ダニエル書』とは?あらすじを要約して解説!

旧約聖書の『ダニエル書』とは?あらすじを要約して解説!

旧約聖書にある『ダニエル書』はユダヤ人の男性であるダニエルを主人公とする物語です。

このダニエルですがキリスト教では預言者として扱われているようですが、ユダヤ教は預言者とはみなしていないようです。

では『ダニエル書』の物語とは一体どのようなものだったのでしょうか。

さっそくご紹介させていただきます!

ダニエル、エリートに選ばれる

ダニエルがいた時代はネブカドネザル2世がエルサレムを陥落させ、バビロン捕囚を行っていた時代でした。

バビロン捕囚やネブカドネザル二世についてはこちらの記事をご覧ください。

ネブカドネザル2世は占領した領地の行政を行う役人を養成するために次のことを言いわたします。

ネブカドネザル2世画像

ユダヤ人の王族と貴族の中から、体が丈夫で、賢くて才能ある顔の良い少年たちを選んで教育させろ

この選ばれた少年の中にダニエルの姿があったのです。

ダニエルは思いました。

ダニエル画像

僕はユダヤ人だ。絶対に異邦人の肉や酒で自分の身体を汚すもんか!異邦人の地にいたって神は絶対に唯一なんだ!

ダニエルが信じていたのはもちろん唯一神であるヤハウェです。

ヤハウェに関してはこちらです。

ダニエルは抜きんでて優秀だったため、王に仕えることができ、とても重用されるようになりました。

ネブカドネザル2世の夢の解き明かし

ある日、ネブカドネザル2世が不思議なを見ます。

ネブカドネザル2世画像

なんだか変な夢をみたんだ。変な像があってよ。その像の頭は純金で胸と腕が銀、腹と腿が青銅、すねが鉄、足は一部が鉄で一部が陶土で出来てたんだ。そしたら、その像に一個の石が投げつけられて、足が割れて、そのまま像は粉々になって跡形も無くなっちまうんだけど、粉々になったものはそれぞれ全地にひろがっていったんだよな…。これが何の意味を指すのか分かるやつはいるか?

ネブカドネザル2世は賢い人たちに答えを求めたのですが、誰も答えられずいらつきました。

ネブカドネザル2世画像

なんだよ、誰も分からねーのかよ。お前ら皆殺しにするぞ

ダニエル画像

お待ちください!

そこで待ったをかけたのがダニエルです。

ダニエル画像

私が解き明かしをいたしましょう

ネブカドネザル2世画像

ほう。お前に出来るのか?どれ、聞いてやろう

こうしてダニエルはネブカドネザル2世の夢の説明を始めました。

ダニエル画像

王が夢の中で見た像の金の頭の部分。これは王自身を示していて、その頭の下にある銀、青銅、鉄、陶土は王についている属国の王国を表しています。これらが石によって粉々に砕け、バラバラになるということはついにこの王国の滅びが近付いているということです

なんとダニエルはネブカドネザル2世の夢から王国が滅ぼされることを預言したのです。

その後、再びネブカドネザル2世が見たおかしな夢の解き明かしもダニエルが行い、またしても王国の滅亡を解き明かしました。

この夢の解き明かしの成果により、ダニエルはバビロン全州にまたがる長官に任命されることになったのです。

このようなダニエルのように位ある人の夢の解き明かしを行い、自らが出世するという物語は旧約聖書の創世記に描かれている『ヨセフ物語』ととてもよく似ています。

ヨセフ物語についての記事もありますので、よろしければそちらもご覧ください。

指が書く文字

時代は進みベルシャザル王の御代の頃、王が王宮で大宴会を開いてると不思議な現象が起きました。

メソポタミア(バビロニア)の王様画像

おい、手が出てきたぞ!

なんと一本の手が急に現れ、宴会場の壁に文字を書きはじめたのです。

『メネ、メネ、テケル、パルシン』

指が壁に書いた言葉です。

メソポタミア(バビロニア)の王様画像

一体なんだこれは!?誰かどういうことか説明してくれ!

ペルシャザル王はパニックです。

するとダニエルが呼ばれたのです。

ダニエルは説明します。

ダニエル画像

メネは数えるという意味です。つまり、あなたの治世を数え、それがもう終わるということです。テケルは測るという意味です。あなたは神に秤にかけられ不足であると判定されてしまいました。パルシンは分けることを意味します。あなたの王国がメディアとペルシアに分けられる事を意味します

ダニエルが言ったことは新バビロニア帝国の終わりを意味していました。

そして後にベルシャザル王は殺され、本当に王国は滅亡してしまうのです。

キュロス2世によるアケメネス朝ペルシアの時代がやってくるのです。

キュロス2世についてはこちらの記事をご覧ください。

新バビロニア滅亡のその後

新バビロニア王国がキュロス2世率いるアケメネス朝ペルシアに征服された後も、ダニエルはその地で重用されるようになりました。

しかし、そんなダニエルに嫉妬した他の家臣たちは嫉妬しました。

そして、なんとその家臣たちによってダニエルはライオンの洞窟に投げ込まれてしまいました。

神様画像

ダニエル、大丈夫だ。私がついている!

ダニエルにとって危機一髪な出来事でしたが、神の力によりダニエルはライオンに襲われることなく、逆にダニエルを陥れようとした者たちがライオンの餌となりました。

ダニエルは神に祈っていると天使ガブリエルが現れ、メシアに関するお告げを受けたとも言われており、神のお気に入りだったと伺えます。


参考:『ダニエル書』・『ダニエル