アブラハムの息子イサクとイシュマエルの泥沼な関係とは?

アブラハムの息子イサクとイシュマエルの泥沼な関係とは?

アブラハムの子どもであるイサクが生まれたのは母親のサラが九十歳の時のことでした。なぜそんなに高齢出産が出来たのか…。

そして、アブラハムの子どもを巡る跡継ぎ争いストーリーの凄まじさ。

若干日本の大奥を思い起こさせる女のバトルをざっくりご紹介させていただきます!

ちなみにアブラハムの生涯をまとめた記事もございますので、よろしければそちらもご覧いただけたらと思います。

登場人物紹介

名前 人物説明
アブラハム 神への信仰が人一倍強い人類最初の預言者。基本的に迷ったら全部神に相談する。
サラ アブラハムの正妻。怒ると制裁が凄まじい。イサクを九十歳の時に出産する。
イサク アブラハムとサラの一人息子。神のお告げにより、アブラハムの後継者となる。
ハガル サラの女奴隷。アブラハムの妾となることでイシュマエルを出産する。
イシュマエル ハガルとアブラハムの間に生まれる。生まれる前も生まれてからも何かと事件がある。
ケトラ サラの死後、アブラハムと結婚する。子どもを六人産む。

子どもに恵まれないアブラハム

アブラハムとサラの間には長年子どもが恵まれませんでした。

サラが七十五歳の時に彼女は自らによる出産を諦め、自分の女奴隷であったハガルを妾にするようにアブラハムに薦めます。

当時のこの地方には、不妊の妻が女奴隷を夫に与え、その側女との間に生まれた子どもを自分の子どもにできる風習があったそうで、サラは妾の子どもでもいいから、

鈴木園子画像

子どもが欲しかったのではないかなぁ。

と思います。

ハガル、イシュマエルを妊娠する

ハガルはサラの期待どおりアブラハムの子どもを妊娠することに成功します。

当時おそらくアブラハムの年齢は八十五歳。八十五歳にして父になるアブラハム。凄いですよね。子どもが成人するときにはもう百歳を超えてます。

ハガルが妊娠したことは良かったのですが、サラの誤算だったことが一つありました。

それはハガルが妊娠したことにより、正妻であるサラを見下すようになるんですね。

まさに大奥。正妻だろうが子ども(特に息子)を産めない女は能無しと見なされてしまうんですよね。

しかし、サラはここで一人しくしく泣くような女性ではありません。

おばあちゃん画像

ふざけんじゃないわよ!

と言ったかどうかは分かりませんが、とにかく夫であるアブラハムに相談…というより、ぶっちゃけ愚痴を漏らします。

するとアブラハムは

アブラハム画像

わしは干渉しないから好きなようにしなさい

と言いました。

鈴木園子画像

出たー!我関せず男ー!

嫁が困っているというのに、自分からは何も動こうとしない旦那。

私ならこんなアブラハムの対応をされてしまうとしくしく泣いているところですが、サラは違います。

おばあちゃん画像

じゃあ、好きにするわよ!

と、なんと逆にハガルをいじめ返します。

鈴木園子画像

つ、強い…。強すぎるよ、サラ。

具体的にどんな仕返しをしたのかは分かりませんが、サラの虐待によりハガルが逃げ出すほどに徹底的にいじめ抜きます。

妊娠中で逃亡するって相当ハガルも追い詰められていたのでしょう。サラから逃亡していたハガルの元に天使が現れます。そして、ハガルの子孫が多くなる事を約束し、サラの元に戻るように諭されます。

このお告げが効いたのか、ハガルはサラの元へと戻り、無事にイシュマエルという男の子を出産します。

サラ、イサクを妊娠する

さて、無事にイシュマエルという跡取りが誕生しましたし、これにて安泰となるかと思いきや、そうはいきません。

イシュマエルが13歳のとき神がアブラハムに現れ、アブラハムに多くの子孫が生まれること、彼らにカナンの地が与えられること、そしてそれはイシュマエルではなく、サラによって誕生する息子イサクがその地を受け継ぐことを約束しました。

いくら神様のことを何よりも信じているアブラハムといえ、その時彼はすでに九十を超えていましたし、サラも八十を超えています。なのでアブラハムはすでに誕生しているイシュマエルについての約束の成就を神に祈願しました。

それでも神は、イサクについての約束が成就すると念を押すのです。

この神の言葉どおり、サラが九十歳の時に奇跡的にイサクを妊娠するのですが、イサクという名前の意味は「彼は笑う」だそうで、

おばあちゃん画像

まさか子どもなんて出来ないだろう

と内心笑っていたサラの行為が由来だと言われています。

鈴木園子画像

いやでも、私がサラの立場でも絶対笑っているな。

サラ、ハガルとイシュマエルを追い出す

さて、イサクという正妻の息子が誕生したことによりサラにとって邪魔な存在が浮き彫りになります。

そう、妾であるハガルとイシュマエルです。

古今東西、跡継ぎ争いは多くの血が流れてきましたが、ここでもしっかりと描かれています。

事の発端はイシュマエルがイサクをからかっている光景をサラが目にしたからということらしいですが、サラはアブラハムにとあるお願い事をします。

おばあちゃん画像

ねぇ、あなた。ハガルとイシュマエルを私達の一族から追放して欲しいんだけど

これには流石のアブラハムもビックリです。

鈴木園子画像

一族からの追放て…。もうやることが激しすぎるよサラ。

困ったアブラハムはこのことを神様に相談しています。

そこでなんと神様より、

神様画像

サラの願いを叶えなさい

というお告げをもらったので、アブラハムはハガルに食料を持たせて、本当に追放してしまうんですね。

これにより、ハガルとイシュマエルは砂漠の中を彷徨うことになります。

水も尽きていよいよ死ぬしかないとなったところで、天使が現れ、その加護により助かることになります。

鈴木園子画像

それにしてもハガルとイシュマエルが不憫すぎると感じるのは私だけでしょうか。

サラ、127歳で死ぬ

イサクを跡取りにするために死力を尽くしてきたサラですが、寿命が来てしまいます。

サラが死んだのは127歳ですが、アブラハムは175歳まで生きます。

サラが死んでからもアブラハムは約50年は生きるんですね。

そこで、登場するのがケトラという女性です。

ケトラは所謂アブラハムの後妻にあたります。

このケトラ、なんと六人も子どもを産みます。ジムラン、ヨクシャン、メダン、ミディアン、イシュバク、シュアがそれぞれの名前です。

当初、あんなに子どもが出来なくて悩んでいたアブラハムですが気が付けば八人の父親ですからね。

鈴木園子画像

あの悩みは一体何だったのか…。

しかし、この後妻であるケトラの素晴らしいところは跡目争いをしなかったところでしょう。

後妻は遺産に眼がくらむ女というイメージが多い中、ケトラはきちんとイサクをたてています。

アブラハムの莫大な遺産ですが、イサク以外の子どもには生前分与として贈り物を与えて、それぞれを東の地に去らせています。

そして残りの財産を全てイサクに継がせてアブラハムの175年の生涯は終わります。

こちらのお話以外にも旧約聖書に出てくる様々なお話をまとめている記事もありますので、

よろしければこちらもご覧ください!


参考:『サラ』・『イサク