日本の最初の『バレンタインデー』っていつから始まったの?

日本の最初の『バレンタインデー』っていつから始まったの?

2月14日と言えば、バレンタインデーですよね!

そもそも、どのようにしてこのイベントは日本に伝わって来たのでしょうか?日本に伝わる前のバレンタインの起源(由来)について詳しく知りたい方は、

これらの記事を先にお読み下さい。

ここでは、

匿名画像
日本でバレンタインデーはいつから始まったの?

という疑問や

匿名画像
どのようにして、バレンタインデーは日本に伝わったの?

という疑問に答えて行きたいと思います。それでは、一緒に見て行きましょう!

日本型バレンタインデーの歴史

日本では、1958年頃からバレンタインは流行しました。

山田花子画像
ただし、バレンタインは日本独自の発展を遂げて行くのです!

第二次世界大戦後まもなくして、流通・製菓業界によって

人々画像
バレンタインデーを、販売促進のために何とか売り込もう!

と試みられたのですが、日本社会にきちんと定着したのは1970年代後半でした。

女性画像
女性が男性に愛情いっぱいのチョコレートを贈る日ですよ!

という日本型バレンタインデーが成立したのもこの頃でした。

日本型バレンタインデーの起源

日本のバレンタインデー文化に関して、さらに研究されるべきですが、まとまった研究結果がないのが現状です。

なので、はっきりと日本のバレンタインデーがいつ始まったのかは正確に分かっていません。ですが、ここからは日本のバレンタインデーの起源説をいくつかご紹介して行きます。

モロゾフ説

製菓会社メリーチョコレートカムパニーの原邦生(はらくにお)1958年に、

社長画像
バレンタインデーにチョコレートを渡すのが良いんじゃない?

と最初に考え実践したとされています。

しかし、その20年以上前(1936年)に神戸のモロゾフ製菓が、外国人向け英字新聞に、

新聞画像
あなたのバレンタイン(=愛しい方)にチョコレートを贈りましょう

というコピー広告を既に掲載していたので、

匿名画像
モロゾフ製菓がバレンタインチョコを最初に考えたのでは?

という説が最も有力です。

さらに、1992年に聖バレンタインが亡くなったイタリアから神戸市に愛の像が贈られています。これは、神戸が日本のバレンタインデーの発祥の地と分かったから贈られたのだそうです。

伊勢丹説

1960年に森永製菓

新聞画像
愛する人にチョコレートを贈りましょう

と新聞広告を出し、さたに伊勢丹が1965年にバレンタインデーフェアを開催しました。

匿名画像
これらの動きが日本のバレンタインデー普及のきっかけとなったのでは?

という説があります。

しかし、「バレンタインデー」という文字のある広告は1960年以前にも出されており、デパート業界では伊勢丹が最初という訳ではないようです。

ソニープラザ説

ソニー創業者の盛田昭夫(もりた あきお)1968年に、

社長画像
ふむ、関連会社のソニープラザが、みんなにチョコレートを贈ってみよう!

と試みたこともあって、

社長画像
日本のバレンタインデーはうちが作った

としています。ただ、この試行もすぐに反響があった訳ではありません。また、商品もあまり売れませんでした。

こういった説がありますが、バレンタインデーが日本社会に普及した後に、自社宣伝のための誇張した主張も含まれていると思われます。

1950年代にはまだ、

女性画像
バレンタインデーに贈るものはチョコレート

とする意識はありませんでした。当時のバレンタインデーの新聞広告によると、お勧めの贈り物にチョコレートはまだ登場していませんでした。

森永製菓の広告ですら、チョコレートは贈り物のおまけとして位置付けられていました。

バレンタインデーの起源の一つされる1960年の森永製菓の新聞広告には、

新聞画像
チョコレートを添えて(手紙などを)贈る日

と書かれており、バレンタインデーに贈り物を贈るのが女性とは限定されていませんでした。

ただし、「愛の日」という点は強調されていました。当時は見合い結婚が多く、恋愛結婚は圧倒的に少数でした。しかも、結婚前提のない恋愛や未婚の未成年者(19歳以下)は想定外でした。

このような状況だったので、日本の製造販売業者がバレンタインデーを普及しようとしても、バレンタインチョコレートの売り上げは大きく伸びなかったのです。

山田花子画像
ここから、どのようにして日本でバレンタインデーやチョコレートは広まっていったのでしょうか?

さらに、日本のバレンタインチョコレート商戦について詳しく知りたい方は、

こちらの記事も参考にしてみて下さい。

他にも、日本と海外とのバレンタインデーの違いについて詳しく知りたい方は、

こちらの記事も併せてお読み下さいませ。


参考:バレンタインデー