『臥薪嘗胆』の由来とは?あらすじを分かり易く簡単に解説!

『臥薪嘗胆』の由来とは?あらすじを分かり易く簡単に解説!

日本人にとっては日清戦争後の三国干渉にて使われた言葉として有名な『臥薪嘗胆(がしんしょうたん)』。

意味は『復讐を成功するために苦労に耐える』というものです。

この『臥薪嘗胆』ですが、言葉の由来は古代中国の逸話から生まれています。

どんなお話なのか、さっそく見ていきましょう。

呉と越の戦い

臥薪嘗胆の由来となった古来中国のストーリーです。

夫差の臥薪

中国の歴史書である「史記」によると、紀元前6世紀末、(ご)の王である闔閭(こうりょ)は前に攻撃を受けた復讐として(えつ)に侵攻しますが、敗北。自らも負傷し、そのまま病死してしまいます。

闔閭は後継者である夫差(ふさ)に一つの想いを託します。

闔閭画像

必ず仇を取って、いつか越を打ち破ってくれ

夫差はこう答えます。

夫差画像

三年以内に必ず仇を取ります!

こうして夫差はその言葉通り、国の軍備を充実させることに精を出しました。

そして自らは薪の上で眠り、その痛みで屈辱を忘れないようにしたと言われています。

鈴木園子画像

薪の上で臥せる=臥薪です。

そしてまもなく夫差は越に攻め込み、越の王である勾践(こうせん)の軍を破りました。

夫差の復讐が成功した瞬間でした。

勾践の嘗胆

夫差に攻め込まれた越の勾践は彼の部下の進言に従って降伏しました。

降伏後の勾践は夫差の馬小屋の番人をさせられるなどの苦労をさせられました。

勾践画像

絶対にこの屈辱を忘れてなるものか

勾践は許されて、越に帰ってからも民衆と一緒に富国強兵に励みました。

その一方で自身は苦い胆(きも)を嘗めることで屈辱を忘れないようにしました。

その頃の呉の王であった夫差は国力が強力になったことに奢りが見られだしました。

夫差は中国覇者になることを目指し、各国に兵を送り込んで国力を疲弊させた上、長年尽くしてくれていた重臣を処刑してしまったりもしていました。

越が呉にやぶれてから二十年。

ついに満を持して勾践は呉に攻め込み、越の大勝利を治めました。

夫差は降伏しようとしましたが、勾践が条件とした王への復帰を認めなかったためにそのまま自殺してしまったようです。

『臥薪嘗胆』の成立

実はこの『臥薪嘗胆』ですが、元々は臥薪と嘗胆は別々の言葉で使用されていたようです。

というのも、紀元前一世紀の書物である「史記」に登場するのは嘗胆のみであり、臥薪と組み合わせた言葉ではなかったのです。

臥薪嘗胆と四字熟語として登場するのは十二、十三世紀以降の漢詩の中で出てきたようですね。

鈴木園子画像

元々は別の言葉だった臥薪と嘗胆を一緒にしたことにより、ここまで一般的な言葉に広がったのではないかなぁ

と私は思います。

日本の臥薪嘗胆

日本において『臥薪嘗胆』が注目されるようになったのは三国干渉においてです。

三国干渉とは何か?

お話の舞台は第一次世界大戦です。

日本は中国(当時は清という国でした)との戦争に勝ち、その戦後の講和条約(戦争後に結ぶ仲直りの約束みたいなものです。賠償金などを決めます)の中で、中国から遼東半島(りょうとうはんとう)が貰えることが決まっていました。

しかし、それを良く思わなかった国がありました。

ロシアです。

匿名画像

えっ、日本が遼東半島占領したら、満州も占領するんじゃね?満州は俺らの不凍港(凍らない港。ロシアは地理的に何が何でも欲しい)のためにも超大切なんだよ。ちょっ、マジで日本撤退しろよ

ロシアはその後、ドイツとフランスを見方につけ、日本に遼東半島の返還を求めます。

ロシア、ドイツ、フランスの三国が講和条約に干渉してきたから三国干渉です。

もちろん、日本国民はこの三国干渉に反発しました。

しかしながら、当時の日本にこの三国に喧嘩を売れるほどの国力があるはずもなく…。

日本政府は泣く泣く遼東半島を返還しました。

その時の日本政府のスローガンがこの『臥薪嘗胆』だったのです。

鈴木園子画像

よっぽど悔しかったのでしょうね…。

この時に日本国民のロシアへの反発心が強くなったとされています。


参考:臥薪嘗胆