『クリトン』の要約!ソクラテスの考える善く生きるとは?

『クリトン』の要約!クリントンの考える善く生きるとは?

『クリトン』はプラトンが著した対話篇の一つです。

内容は死刑判決を受けたギリシアの哲学者ソクラテスに友人のクリトンが脱獄の話をもちかけるというものです。

この『クリトン』は『ソクラテスの弁明』の続編と言われています。

『ソクラテスの弁明』については別の記事でご紹介していますので、よろしければそちらもご覧ください。

こちらの記事では『クリトン』を分かりやすくざっくり要約していきたいと思います。

『クリトン』の背景

こちらの舞台設定は『ソクラテスの弁明』で死刑判決を受けたソクラテスの約30日後です。

アテナイの牢獄で死刑執行を待っているソクラテスの元に、幼少期からの友人であるクリトンが脱獄を勧めるためにやってきます。

クリトンがやってきたのは「死刑執行停止の解除」を意味する聖船の帰港を控えた深夜未明でした。

当時のアテナイでは「ギリシア神話の英雄であるテセウスがミノタウロスに勝利して無事に帰還した」という故事にちなんで、毎年アポロン神殿に感謝の供え物を捧げる聖船を送っていました。

その聖船の出港準備から帰港するまでの間、アテナイでは死刑執行は停止されていました。

聖船の出港準備が始まった時期がなんとソクラテスの死刑判決が出された前日だったので、ソクラテスは約30日も死刑執行を免れていたのです。

『クリトン』の内容

以下、『クリトン』の内容をざっくりと要約します。

逃亡すべきだろうか

クリトンがソクラテスの元にやってくるところからお話は始まります。

クリトン画像
ソクラテス、聖船の帰還が迫っている。聖船が帰ってきたら、お前の死刑が執行されてしまう

クリトンの言葉を聞いて、ソクラテスは答えます。

ソクラテス画像
夢のお告げを見たんだが、聖船は明日到着するだろう

クリトンはソクラテスに脱獄を勧めます。

クリトン画像
ソクラテス、逃げよう。私に親友(ソクラテスのこと)を失わさせないでくれ。それに、もし私がここで何もしなかったら、大衆から『金を惜しんで親友を救うのを怠った』という噂がたてられてしまう。そんなのは嫌なんだ

しかし、ソクラテスは特に気にした様子はありませんでした。

クリトンは続けます。

クリトン画像
ソクラテス、お金のことは気にしないでくれ。それに逃亡後の身の上を気にしているのかもしれないが、外国に友達もいるし、テッサリアとか君を受け入れてくれる国はいくらでもあるんだ。それにこのまま君は死んでいいのか?君の子ども達はどうなる?君が死んだら、彼らは孤児になるんだぞ。絶対に逃げた方が良いって!
ソクラテス画像
クリトン、君の熱心さは尊重したいが、それが正しいかどうかは考えなければならない。私は熟考の結果、最善と思われる考え以外従わない

そして、二人の問答が開始したのです。

大衆に迎合しない

ソクラテス画像
まず、我々は大衆の意見ではなく、一部の知恵がある人の意見が尊重されるべきとの立場に立つというのはいいだろうか?
クリトン画像
異議なし

ソクラテスは具体例を出します。

ソクラテス画像
例えばだけれど、運動を本職とするアスリートは大衆の意見ではなく、医者やコーチ等の専門家の意見を尊重すべきだろう
クリトン画像
そうだな
ソクラテス画像
もし、アスリートが素人である大衆の意見を重視してしまうと、わざわいを被ってしまう。例えばコーチの意見を無視したアスリートが怪我をして不健康な身体になってしまったら、そのアスリートに生きがいは存在しないだろう。この例は正義、美醜、善悪などといったものにも当てはまると私は思うがどうだい?
クリトン画像
確かに
ソクラテス画像
不正によって害された魂を持っていることはそれ以上に生きがいがないと私は考えている
クリトン画像
なるほど
ソクラテス画像
ということは、クリトン。先ほど君が言った『大衆から金を惜しんで親友を救うのを怠ったという噂がたてられてしまう』というのは大衆の意見に耳を傾けるという姿勢に他ならない。それはすべきことではないだろう
クリトン画像
…なるほど、分かった。確かにそうだろう
ソクラテス画像
一番大切なことは単に生きるのではなく、善く生きることだ。では、善く生きるとは何か?それは美しく生きる、正しく生きるということでもあるのだ。なので、私が逃亡するかどうかはこの問答で逃亡が不正ではないと認められた場合にのみ行われるべきであって、他のことは考慮しない方がいいだろう
クリトン画像
ふむ
ソクラテス画像
クリトン、もし私の言うことが間違っていたらすぐに反論してほしい
クリトン画像
もちろん、おかしいと思えば私も言うさ

そして、二人は問答を続けていくのです。

善く生きるとは

ソクラテスはクリトンの問答の中で善く生きることが一番大切なことだと言っています。

善く生きること、すなわち美しく生きる、正しく生きることであるとしています。

ソクラテスは『不正』というものを潔癖なほど嫌います。

『不正』とは、決して大衆から非難されることではないのです。

そこをアスリートの比喩を使って説明していますね。

『不正』とは道理から離れたことをすることに他ならないのです。

なので、ソクラテスは牢獄からの逃亡が『不正』であるならば、それは決して行わないと言っているのです。

ここから二人の問答は『国家』や『国法』についての討論となっていきます。

続きが気になる方は以下の記事よりご覧ください!


参考:クリトン