日本型クリスマスはいつ始まったの?普及の歴史を簡単に解説

日本型クリスマスはいつ始まったの?普及の歴史を簡単に解説

クリスマスは、元々キリスト教のビッグイベントです。イエス・キリストの誕生を祝うものでした。今でも、世界中でクリスマスは盛大に祝われる年中行事の内の1つです。

そんなクリスマスも、宗教への信仰心を持たない人がほとんどの日本では、それはただのイベントと化しています。

このような日本型のクリスマスは、いつ頃どのようにして普及したのでしょうか?その歴史を一緒に見て行きましょう!

日本型クリスマスはいつ始まった?

日本の初めてのクリスマスは戦国時代でした。1552年(天文21年)にカトリック教会の宣教師らが、日本人信徒を招いて降誕祭のミサを行ったのです。

しかし、その後江戸幕府禁教令によって、キリスト教は禁止されます。これにより、明治が訪れるまでの200年以上もの間、隠れキリシタン以外のキリスト教は受け入れられることがありませんでした。

江戸時代のクリスマス

しかし、一部例外がありました。長崎出島オランダ商館のオランダ人達は、密かにクリスマスをお祝いしていました。

オランダ商館のオランダ人画像

江戸幕府様が、キリスト教を好いていないのは十分承知シテマス。ですが、我々にはオランダの冬祭りというものがアリマース。それは祝いたいデスネ!

とクリスマスを祝うために、「オランダ正月」を開催していました。この祭りには、何人かのオランダ人と付き合いのある日本人も招待されていたようです。

また、長崎に住むオランダ好きの日本人の間でも、この祭りを真似て祝っていました。

オランダ商館の人達が江戸に行くこともありました。その時、江戸の役人たちはオランダ正月を基にオランダ料理などを用意して、江戸幕府なりの「おもてなし」を行ったようです。

日本大衆向けクリスマス

明治時代になると、ようやくクリスマスが受け入れられるようになりました。1900年に、主に食料品を販売している明治屋が銀座に進出した頃から、クリスマス商戦が始まりました。

大正時代になると、12月号の雑誌の表紙をはじめとして、クリスマス関連の話や挿絵がたくさん載せられました。1925年には、結核撲滅の寄付切手である「クリスマスシール」が日本で初めて発行されます。

昭和(戦前)のクリスマス

1926年(大正15年)12月25日。この日、大正天皇が崩御されました。崩御とは、天皇がお亡くなりになったということです。

日本では、天皇の誕生日と崩御日は休日となります。なので、大正天皇の崩御日である12月25日が休日となり、皮肉なことに、この時代から日本ではクリスマスの習慣が広がります。

昭和の初期には、朝日新聞に

朝日新聞画像

クリスマスは今や日本の年中行事となり、サンタクロースも立派に日本の子供のものに!

と書かれました。

東京では、多くのカフェや喫茶店でクリスマス料理のメニューを用意し、店員は仮装してお客さんを迎えました。

なんと、第二次世界大戦の真っ只中でも、前線部隊の食堂でクリスマスツリーが飾られていたようです。

山田花子画像

そうだとすれば、戦時中でもクリスマスを祝う人はいたのですね!

戦後から現代のクリスマス

戦後に、国民の祝日に関しての法律により、12月25日の大正天皇祭は休日から外されました。それでも、クリスマスは日本の年中行事として祝われ続けます。

また、12月23日生まれの明仁親王(あきひとしんのう)が天皇であった平成の時代には、クリスマス・イヴが天皇誕生日の振替休日となる年もありました。

早くて11月上旬からクリスマスの準備をする店もあり、12月24日のクリスマス・イヴにイベントなどを開くこともあります。そんなクリスマスも、12月26日以降になると正月飾りに早変わりします。

そんな日本のクリスマスも、

匿名画像

キリスト教圏の本場のクリスマスと比べたら規模小さくねぇ?

という指摘もあります。

事実、2014年に旅行サイトであるスカイスキャナーが発表したクリスマスの大騒ぎを避けるために行く国トップ10で、中東や仏教国、社会主義国家などを押さえ日本は堂々の1位です。

理由は、日本のクリスマスは祝日ではなく、12月25日も日本人はいつも通り仕事をするからです。

教会では、キリスト教徒関係なくミサに出席し参加する事が出来ます。一方、家庭では家族とのんびりと過ごす日本人が多いのですが、

人々画像

本当は、クリスマスに恋人と過ごしたいなぁ…。

という人達も多いのだとか。

日本のクリスマスを祝日化?

クリスマスは多くの国で祝日となっています。なので、

匿名画像

日本でも祝日にしちゃおうよ!

という話があります。クリスマスの後すぐに年末年始休暇となるので、有給休暇を使えば

匿名画像

長期休暇を取れるかも…!!

というメリットがあります。

しかし、この案を実現するには多くの困難があります。例えば、多くの企業にとってこの時期は特に忙しいのです。さらに、日本国憲法が定める政教分離の原則から、特定の宗教記念日を祝日とするのが難しいのもあります。

大正天皇祭のように、休日とクリスマスが偶然一致する事があれば良いのですが、その可能性も限りなく低いのが現状です。

山田花子画像

日本では、このようなクリスマスの歴史の流れとなっていたのですね!

世界ではどのようなクリスマスの過ごし方をしているのでしょうか?

また、そもそものクリスマスの起源とは何なのでしょうか?そんな疑問にお答えしているのが、

こちらの記事です。良ければ、こちらもぜひ併せて読んでみて下さいませ!


参考:クリスマス